足の甲の痛みの原因はもしかして病気?歩くだけで痛みが。。。

歩くたびに足に痛みを感じるって嫌ですよね。

特に足の甲に痛みがあると歩きにくいです。

朝、起きた時に痛みを強く感じるのはどうしてだろう?など足の甲の痛みについて原因や対処法などまとめてみました。

スポンサードリンク

足の甲に痛みが出る原因は?

足の甲に痛みが出る原因として考えられるのは疲労骨折・リスフラン関節・ショパール関節の捻挫・腱鞘炎・痛風などです。

 

疲労骨折は名前のとおり同じ個所に負担(ストレス)がかかることによっておこる骨折です。

一度の強い衝撃で受傷するのではなく、繰り返し受ける負荷によって生じます。

外傷性骨折のように皮下出血や腫れを伴うことも少なく、歩くと痛いとか押さえると痛いなどの症状があらわれます。

 

痛みがあるときは骨折部に負担のかかる活動は中止して、安静を心がけるようにしましょう。

歩かないわけにはいかないので、過度なスポーツは控えたいものですね。

負担の少ない水中での運動やエアロバイクなどは大丈夫でしょう。

 

 

リスフラン関節・ショパール関節って?

足の甲にある関節なんですが、足を動かす上でとっても重要な関節なんですね。

なので、この関節を痛めると歩くときに衝撃を吸収できなくなってしまいます。

歩くときに足の甲が痛いとこの関節の捻挫が疑われることもあるんです。

捻挫の原因としてはつま先立ちで強い衝撃(ジャンプの着地など)や指を反らせて地面からの強い衝撃を受けたときにおこりやすいんです。

 

安静にしていると痛みは感じませんが、体重がかかると痛みを感じます。

無理をして体重をかけて歩いていると治りが悪くなるだけでなく、ほかの場所に負担がかかり余計なところに痛みが出ることも考えられます。

テーピングで固定したり、松葉杖で体重がかからないようにする必要がありそうですね。

スポンサードリンク

足も手と同様に使い過ぎによる腱鞘炎があるのです。

 

 

腱鞘炎っていうとイメージ的には手の使い過ぎで手首の痛みを思い浮かべる人がほとんどだと思いますが、足の腱鞘炎ってのもあるのです。

特に、スポーツ選手の中でも長距離ランナーなど足を酷使する人に多いと言われていますね。

またきつい足に合わない靴を履いていても腱鞘炎になる可能性はあるのです。

自分の靴や靴ひもがきついなって感じている人はすこし緩めてみませんか?

治療は冷やすことと安静が効果的です。

湿布もいいですが、しっかり中まで冷やそうと思うとアイシングの方がいいでしょう。

凍傷に注意して冷やしてみましょう。

 

 

外傷ではないですが、痛風でも朝起きて歩こうとして足に体重がかかったら痛みを感じる(激痛のことが多い)ってことがあります。

夜中から明け方にかけて発作が起きて足が腫れることが多いようですね。

痛風は足の親指の第1関節が赤く腫れて、ちょっと当たるだけでもすごく強い痛みを感じます。

出来るだけはやく病院受診をして適切な処置をしていただきましょう。

発作がおさまれば、食生活の見直しなどをおこない痛風の原因となる「尿酸値」が高くならないように注意していくことが大切になりますね。

私は痛風の経験がないですが、本当に「激痛」らしいですよ。

 

いかがだったでしょうか?

足の甲の痛みといっても原因はいろいろありますね。

共通して言えることは外傷によって痛みがおこっている場合は「安静」と「冷却」が重要ってことです。

場合によっては松葉つえなどを使って痛みが強い時は患部に体重がかからないようにすることも必要になってきますね。

安静といってもどうしても使ってしまいます。

できれば使った後のケア(ストレッチやマッサージなど)もしっかりおこなう習慣をつけて痛みがおこることを予防できるといいのではないでしょうか?

 

毎日、酷使されている足のケアにも目を向けてみる機会になれば幸いです。

 

 




スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ