インフルエンザ予防接種したのに感染する原因とは?

毎年流行しているインフルエンザですが、インフルエンザになったことがありますか?

確実にインフルエンザにならい方法があれば、試したいと思いますか?

誰の気持ちにもならないでいいのならば、インフルエンザにはなりたくないというのが気持ち的にはあるのではないでしょうか。

ではインフルエンザに対して、毎年どのような対策をしていますか?

インフルエンザの予防接種をまず思い浮かぶ人が多いと思います。

予防接種をすれば、感染はしないのでしょうか?

今回は、インフルエンザの予防接種について紹介します。

インフルエンザの予防接種

インフルエンザの感染対策として予防接種という方法があります。

ですが、予防接種をしたことがある人は分かると思いますが予防接種をしたからと言ってインフルエンザにはならないと確定されたモノではありません。

では、なぜ毎年インフルエンザの予防接種をすることを勧められるのでしょうか?

 

それは、予防接種をしていた方がインフルエンザになった時に症状が酷く出ずさほど辛い思いをすることなく

インフルエンザの感染中を過ごすことが出来るのです。

 

予防接種をしていない場合には、風邪と同じような症状が表れます。

ですが、予防接種をしているとこの症状を抑える効果があります。

つまり、インフルエンザの予防接種をしたからと言ってインフルエンザの感染を抑える働きはないのです。

 

また、重症化しないのでインフルエンザになってしまったとしても約1週間くらいで治ります。

 

もしも、予防接種をしていない場合には肺炎になってしまったり脳に後遺症を残してしまうということもあり、

自宅で治療するだけで済むのですが入院になる可能性もあります。

このようにならないために、予防接種を受けるのです。

ですが、この効果も必ずとは言えません。

スポンサードリンク

 

インフルエンザの予防接種をしたのに感染してしまう原因は?

インフルエンザの予防接種をしても感染してしまう原因として、インフルエンザは決まった期間に流行します。

また、インフルエンザの予防接種を受けてから約2週間以上経過していないとワクチンの効果は表れません。

 

なので、

 

1.インフルエンザが流行する前の約2週間以上前から予防接種をしなくてはいけなく流行前までには予防接種を終わらせておかなくてはいけません。

 

その他、インフルエンザのウイルスには知っての通りA型や季節性や鳥など種類があります。

このようにウイルスにも種類があるように、ワクチンにも種類があります。

 

それぞれ専用の予防接種があります。

 

2.専用の予防接種があるということは、どのワクチンをうってもいいということではありません。

決まった予防接種をしなくては意味がないのです。

 

インフルエンザの体験から

流行のインフルエンザはだいたい流行する前から予想がされてます。

なので私や私の子供は、インフルエンザが流行する前から流行に合った予防接種をするようにしています。

私の子供が、インフルエンザの予防接種を受けたのに感染してしまったことがありました。

 

最初は、予防接種を受けたのにという思いが強くワクチンが効かなかったと落ち込んでしまったこともありましたが、

主治医から予防接種をしても確実にならないと言うわけではないということや予防接種をしていることで症状が軽く済んでいるということを聞き、

予防接種をしておいてよかったのだと思うことが出来ました。

この体験をしてから、決まった期間にインフルエンザに合った予防接種をすることは大切だということを改めて感じました。

インフルエンザの感染対策

予防接種をすることだけがインフルエンザにならないための感染対策ではありません。

この他にも、手洗いやうがいマスクをするなどの感染対策があります。

全ての対策をして、インフルエンザにならないように注意をしましょう。




スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ