インフルエンザワクチンの効果と副作用は?実は打たない方が良い?

インフルエンザが流行する前に、よく言われることがあります。

それは、インフルエンザの予防接種を受けたほうがいいということです。

聞いたことがある人も多いと思います。

 

私もよく言われ、子供も受けるように言われます。

では、毎年インフルエンザは流行しますが、流行前にインフルエンザの予防接種を受けていますか?

インフルエンザの予防接種を受けたい人受けたくない人それぞれいると思います。

理由もそれぞれだと思います。

例えば、インフルエンザになりたくないから、必ず予防接種を受けているという人がいる反面、

簡単にはうつらないから大丈夫、去年もならなかったし今年も大丈夫、

去年はインフルエンザの予防接種を受けたけれどならなかったのでワクチン代だけ損した気分など色々な理由からインフルエンザの予防接種を受けない人がいます。

この他にも、中にはインフルエンザのワクチンの効果や副作用に恐れ受けたくないという人もいるかもしれません。

どちらの理由も言っていることは、分かります。

 

私も毎年受けながら、インフルエンザにならないのでワクチン代が勿体ないと思う派でした。

ですが、それはインフルエンザワクチンについてよく知らない時の思いです。

このようにインフルエンザワクチンについて知らなければ、不安要素も大きいのではないでしょうか。

そこで今回は、インフルエンザワクチンの効果と副作用について紹介します。

スポンサードリンク

インフルエンザワクチンの効果

では、インフルエンザワクチンの効果についてまずは見ていきます。

インフルエンザワクチンにはどのような効果があるのでしょうか?

第一に言えることは、カラダの中に入ったインフルエンザのウイルスに対しての

抗体が出来るためインフルエンザになりにくいという効果があるということです。

 

その他もしも、インフルエンザワクチンをうっていたのにインフルエンザになってしまったという時にも、

ワクチンをうっていない人に比べて重症になりにくいです。例えば、インフルエンザになると、高熱が出ます。

その高熱は、高ければ高い程インフルエンザが治った後にも人の脳に大きなダメージを残します。

それを予防することが出来ます。

 

インフルエンザワクチンの副作用

次に、副作用について紹介します。

どのワクチンでも言えることですが、ワクチンをうつことによってショックや蕁麻疹、呼吸困難などが表れることがあります。

これらは、全てワクチンに対するアレルギー症状です。

アレルギーを持っている全ての人がこの副作用になるわけではないですが、

何らかのアレルギーがある人はワクチンをうつ前には医師に相談する必要があります。

スポンサードリンク

 

ワクチンの必要性とは?

インフルエンザワクチンの効果や副作用についてわかったでしょうか?

インフルエンザは、感染力の強いウイルスです。

紹介したような副作用を気にしてしまうと、予防接種を受けることをためらうこともあるかもしれません。

 

ですが、今までに予防接種をしていて副作用が出たことがない限り副作用はめったに表れることはありません。

なので、安心して受けるといいです。

 

副作用のことばかり気にしてしまうと、気分が悪くなったりすることがあります。

「病は気から」と言われる言葉がある通り、気持ちの持ちよう次第で変わるのです。

インフルエンザワクチンを打てば、インフルエンザは怖くないというような強い気持ちを持つことが大切です。

 

最後に

インフルエンザの予防接種をすることで、インフルエンザにかかるリスクを減らすことが出来ます。

そのため出来るだけ、ワクチンを打つようにしましょう。

ですが、時々インフルエンザの予防接種をしない方がいいといわれることもあります。

実際は予防接種をすることによってインフルエンザを防ぐことも出来ています。どちらを選択するかは自由です。




スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ