赤ちゃんの足が冷たくて汗ばんでいるけど考えられる原因は?

赤ちゃんを見ていると、肌のツルツルさや可愛さから何をしていてもついつい触りたくなってしまいます。

そこで赤ちゃんのカラダを触っていて、足が冷たくて汗ばんでいると感じたことはありませんか?

そのような時、何が原因として考えられるのでしょうか?

 

私も赤ちゃんの肌を触っていると、見た目は同じで何が違うのかわかりませんが触っていると毎日違うのが分かります。

赤ちゃんのカラダを触ることで、体調が分かるといってもいいくらいです。

最初はなかなかわかりにくいかもしれませんが、触っているうちに分かるようになります。

今回は、赤ちゃんの足の冷たさや汗ばんでいる時に考えられる原因について紹介します。

スポンサードリンク

赤ちゃんの足が冷たく汗ばんでいる原因

では、早速赤ちゃんの足の冷たさや汗ばんでいる原因を見ていきます。

最も原因として考えられるのは、カラダが冷えているということです。

 

大人の場合、寒い時暑い時自分で着る服を考えたり厚着や薄着など自分で調節することが出来ます。

また、それ以外でもカラダが自然とその時の温度に合わせて体温をコントロールしてくれています。

 

ですが赤ちゃんは、まだ体温コントロールが出来ないために自分で体温を調節することが出来ません。

そのため、親や周りの大人が体温を気にしなくてはいけないのです

 

大人でも子供でも同じように、カラダが暖かい時には手足は暖かくなります。

ですが、寒いと手足が冷たくなってしまいます。

 

つまり、赤ちゃんも同じように足が冷たくなってしまうのはカラダが冷たくなってきていることが考えられます。

それは、エアコンがかかっている部屋にいたり暑いと思って薄着にしていたのに急に寒くなってしまったりということなどが考えられます。

大人でも、お店に入った時など外との温度差に参ってしまうことがあると思います。それと似たような感覚です。

 

それに汗ばむというのは、赤ちゃんの中で必死に体温を上げようとしている証拠です。

大人のようには、体温を上手くあげることは出来ませんが体温を上げるための訓練をしているといえるかもしれません。

汗をかいてしまうと、風邪を引きやすいのは大人も赤ちゃんも変わりません。

スポンサードリンク

足が冷たい時や汗ばんだ時の対策

赤ちゃんの足が冷たい時には、靴下やアームウォーマなどをつけるといいです。

また、足だけではなくカラダが冷たいということも考えられるので厚着をさせるのもいいです。

汗ばんでいる時には、汗を拭きとってあげましょう

 

私の子供が赤ちゃんの時には、足が冷たい時や汗ばんでいる時などには掛物を厚めにしたり着る服で調節したりして体温を調節していました。

あまりにも日中にカラダが冷えている時には、お風呂に入れてあげ体温を上げるようにしていました。

 

ですが、お風呂に入れる時には注意が必要です。

それは、お風呂に入れる時間が重要なのです。

 

赤ちゃんの場合、出来るだけ温かい時間帯を選んでお風呂に入れることが多いです。

カラダが冷えているからといつでも入れてもいいと言うわけではありません。

 

赤ちゃんの足を実際に触ってみて、必要な対策をしてあげてください。

 

最後に

赤ちゃんの足が冷たい時や汗ばんでいる原因がわかったでしょうか?

今まで足は暖かかったのに急に冷たくなってしまうと、風邪を引いてしまったのかと心配になってしまいます。

ですが、病気と言うわけではないので思っているほど心配する必要はありません。

 

気付いた時に温めてあげましょう。

 

もしも、足が冷たく色が悪い場合には足の血液の循環が悪くなっています。

温かいお湯などで足浴をしてあげるといいです。

足浴であれば、全身を入れるわけではないのでカラダが今以上に冷えることはありません。

足浴後は、靴下などをはかせてあげましょう。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ