赤ちゃんが鼻づまりで夜寝れない場合の効果的な解決法は!

赤ちゃんの鼻づまりで困ったことはありませんか?

大人とは違い、鼻が小さかったり自分で出すことが出来ないため鼻がつまってしまい

呼吸が上手くできないなどということもあります。

 

日中は鼻づまりがなかったり、病院にすぐに行くことが出来るので綺麗にしてくれたりということが出来ます。

ですが、症状は夜に出やすいのです。夜は病院も閉まっているため病院に行くことも出来ず、眠れない夜を過ごさなくてはいけないこともあるかもしれません。

 

それは、赤ちゃんだけではなく親も夜が眠れず辛い時間を過ごすことになると思います。

そのようなことがないためには、鼻がつまった時の解決法を知っていればすぐに対応することが出来ます。

どのような解決法があるのか知っていますか?

 

今回は、赤ちゃんが鼻づまりの時の効果的な解決法を紹介します。

鼻づまりで困っていた、もしかするとこれから起こるかもしれないという場合にも役立つはずです。

夜眠れず困っている時には参考にし、実践してみるといいかもしれません。

スポンサードリンク

赤ちゃんの鼻づまりは何故おこりやすいの?

なぜ鼻づまりになってしまうのでしょうか。

それは、赤ちゃんは分泌物が多いからです。

 

よくよだれを垂らしているのを見たことがありませんか?

赤ちゃんは決まってスタイルをしていると思います。

服がよだれによって汚れないようにするという効果もあります。

 

ミルクやアレルギーなどによって出た鼻水がつまってしまうのです。

ミルクは、赤ちゃんの場合約3~4時間おきには飲んでいるのでまだ残っている状態であることがあります。

 

それが鼻につまってしまう原因となります。

 

アレルギーなどの可能性もありますが、原因はミルクの場合もあります。

 

大人でも鼻づまりを起こすと辛いですが、赤ちゃんの場合呼吸の仕方がまだ未熟なため大人以上に辛い事となります。

つまり、赤ちゃんの鼻は、大人のように常に鼻呼吸が出来る程しっかりしていません。

そのために大体は鼻呼吸ですが、口で呼吸することもあります。

 

鼻がつまっていると特に口呼吸となってしまいます。

 

大きくなるにつれて大人のように鼻呼吸に変わり、口呼吸はしなくなります。

ですが、赤ちゃんの時に鼻づまりで口呼吸ばかりしていていては鼻が発達せず大人になっても上手く鼻呼吸が出来ないため、口呼吸になってしまうことが増えてしまいます。

このように、鼻の機能が未熟なために鼻がつまりやすいのです。

スポンサードリンク

効果的な解決法

では、どのように解決することが出来るのでしょうか?

家で出来る効果的な解決法を紹介します。それは、次のような解決法があります。

 

・綿棒でとる

綿棒でつまっている鼻の中を綺麗にします。

奥に入れすぎたり綿棒でつつきすぎたりしないように注意しましょう。

鼻は傷つきやすいです。

・吸引する

吸引する器具が市販でも売られています。

それで鼻水が出た時に吸引するといいです。

このように解決法は様々あります。

 

どれで試すかは色々試してから効果の合ったモノをしてみるといいです。

お風呂上りや泣いた後、加湿器のかかっている部屋など、鼻水がよく出るシチュエーションで取り除いてあげることで効果がより一層見られます。

最後に

赤ちゃんにミルクをよくあげている親であれば、

赤ちゃんの鼻がつまっている音などにすぐに気づくのではないでしょうか。

 

呼吸が苦しくなってから対処するのではなく、まだ完全につまっていなくても気付いた時にはすぐに対処してあげることで夜に鼻がつまって眠れないということが防げます。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ