幼児が鼻血を頻繁に出す原因は?止め方はどうすれば?

幼児を持つ親御さんは感じたことがあるかもしれません。

幼児は鼻血をよく出すと感じませんか?

そんなに出すと貧血になったり血液の病気ではないのかなど心配になることがありませんか?

私の子供は、幼児になった途端によく鼻血を出します。

 

興奮した時や日にあたりすぎた時、寝て起きた時など、特に暑くなる夏によく出るような印象があります。

急に鼻血をよく出すようになったので驚くばかりでした。初めて鼻血を出すようになった時には、決まった時間ではないですが毎日でそれが何日も続くことがありました。

さすがに何日も出ると血が無くなってしまうのではないかと思うくらいでした。

 

インターネットなどで調べても病気ではないかと出てくるので、

まさかこの病気なのではないかなどと考えることがありました。

 

自分の子供の頃を思い出すと、同じくらいの年の時に私も鼻血をよく出していたなと思います。

どのような時に出ていたかは思い出せませんが、よく出していたことは覚えています。私も子供が鼻血をよく出すことに不安を抱いているように、私の親も不安だったのだろうなと今になると気持ちが分かるような気がします。

今回は、幼児が鼻血を頻繁に出す原因や止め方について紹介したいと思います。

参考にしてみてください。

スポンサードリンク

鼻血が頻繁に出る原因

なぜ鼻血が頻繁に出るのでしょうか?

基本的には、鼻をいじっていることが原因のことが多いです。

 

気が付いたら鼻の中に指を入れていたということがありませんか?

鼻血が出た後、鼻が痒くなりまた鼻が痒いからと無意識に鼻をつついていることもあると思います。

寝ている時などに特に多いのではないでしょうか。

 

私の子供も寝ている間に傷つけて、鼻血が出たということが何度もありました。

その何度も鼻をつついていることで、まだ鼻の粘膜が弱いため傷ついてしまい鼻血が出てしまうということがあります。

 

大人の場合には、鼻をどれほど強く触ると傷つくということが分かっていると思います。

ですが、子供の場合には分からず強い力で触ってしまうことがあります。

 

そのため、傷つけやすいということがあります。

 

その他には、花粉症やアレルギーなどが原因で鼻の粘膜が弱っているという可能性もあります。

鼻の粘膜が弱いのにさらに弱まっているので、いつも以上に傷つきやすくなっています

 

起きている時や、子供が近くにいる時には注意してみることは出来ますが、寝ている間や見ていない時には注意することが出来ないので難しいこともあります。

 

では、鼻血が出た時にはどのように止めたらいいのでしょうか?

スポンサードリンク

鼻血の正しい止め方は?

鼻血の正しい止め方を知っていますか?

正しい止め方を知っていることで、早く鼻血を止めることが出来ます。

 

鼻血が出た時には、なるべく座らせ下を向くように言います。

鼻血が口の中に入ってしまうことがあるので、その時には出すようにしましょう。

そして、鼻の小鼻を強く押さえます。

 

場合によっては、鼻血が止まらないということもあります。

このようになかなか止まらない場合には、白血病という病気の可能性もあります。

そのような場合には、早めに病院に連れて行くことが必要です。

 

ただの鼻血だったとしても、頻度が多すぎたりすると粘膜を焼いてもらったりして鼻血が出にくくするという治療もあります。

心配な時には、病院に行き相談してみましょう。

 

最後に

急に鼻血が出ると、焦ってしまいどうしていいのかわからないことがあるかもしれません。

ですが、焦らず正しい鼻血の止め方を実践してみましょう。

 

子供も鼻血が出ることで体力を奪われています。

鼻血が出た後の激しい運動はさせず、なるべく安静に過ごさせましょう。

また、水分を多めにとらせたり、栄養豊富な食事を摂れるように工夫をしてあげましょう。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ