授乳中のインフルエンザの予防接種は可能?かかったらすぐ病院で治療したほうがいい?

母親は、赤ちゃんが生まれるとほとんどの人が授乳をします。

授乳は赤ちゃんにとって栄養を貰える食事で、必要なモノの一つです。

更に、赤ちゃんは自分で何でもできるわけではないので、親や赤ちゃんに関わる周りの大人がお世話をしなくてはいけません。

 

そこでは特に、赤ちゃんを病気から守るように予防を神経質になってしまいすぎるほど一生懸命する人は多いです。

ですが、自分がかからないようにするために何か予防をしていますか?

 

インフルエンザは特に感染力が強いので免疫力がない赤ちゃんはすぐに感染してしまいます。

予防の一つとして、予防接種を受けるという方法があります。

 

授乳中に母親が食べたり飲んだりしたものは、母乳から赤ちゃんにも味が伝わるといいます。

では、授乳中にインフルエンザの予防接種を受けようと思った時受けることは出来るのでしょうか?

 

もしもインフルエンザになってしまった場合には、どの様に治療をするのでしょうか?

今回は、授乳中にインフルエンザの予防接種を受けてもいいのか、インフルエンザになってしまった場合はどうしたらいいのかを紹介します。

スポンサードリンク

授乳中の予防接種は可能?

先ほどにも言ったように、母親が食べたり飲んだりしたものは赤ちゃんが飲む母乳に味が付き影響します。

では、母親にうつ予防接種はどうなのでしょうか?

 

予防接種の場合は、赤ちゃんには影響はありません。

抗体も母親につくだけなので、赤ちゃんにも母乳にも何の支障もありません。

母親がインフルエンザの予防接種を受けたからと言って、赤ちゃんに抗体がつくわけではないので母親はインフルエンザの予防が出来たとしても、

赤ちゃんがならないと言うわけではないです。

 

なのでしっかり予防をすることが大切です。

 

授乳中であっても、赤ちゃんにうつさないためにインフルエンザの予防接種を受けましょう。

 

必ず医師に相談してください。

 

スポンサードリンク

インフルエンザになってしまった場合は?

もしも、インフルエンザになってしまった、インフルエンザになったかもしれないなどという場合は早めに病院に行きましょう。

そして、インフルエンザの場合にはインフルエンザの治療を受けることが大切です。

 

インフルエンザの時に使われる薬は、授乳中の場合には飲まない方がいいモノが多いです。

もしもその薬を飲みながら授乳をしていると、赤ちゃんに悪影響を起こしてしまいます。病院でも授乳中なのかを聞かれることがあります。

 

授乳中の場合には、病院で相談しましょう。

 

たいていの場合には、治るまでの間は授乳を中断し粉ミルクを飲ませるようにと指導があると思います。

どうしても授乳をしたいと強く希望する人もいますが、治るまでは仕方のないので我慢するしかありません。

 

インフルエンザになる前に搾乳して冷凍している母乳であれば、解凍して飲ませることが出来ます。

赤ちゃんに母乳を中断していても、母乳は作られます。

 

あげられないからと何もしないのではなく、母乳の量が少なくならないように、搾乳やマッサージは続けましょう。

搾乳したものは、飲ませられないので捨てるしかありません。ですが、インフルエンザが治り薬も飲まないようになれば母乳を再開することが出来ます。

インフルエンザの感染予防 対策

基本的には、インフルエンザにならないことが大切なことです。

自分は注意していても、他の人からうつされてしまうということがあります。

それでは、いくら感染対策をしても無駄だと思うこともあるかもしれませんがそのようなことはありません。

 

感染対策をしている人は、感染しにくいです。

感染対策は人によって違うかもしれません。

 

ですが、大切なことは人が多い場所に行く場合には、マスクをしたり手洗いやうがいなどをすることです。

赤ちゃんにうつさないために、しっかりして感染対策をして気をつけましょう。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ