赤ちゃんのインフルエンザの予防接種の時期や回数と間隔や料金まとめ!

毎年流行するインフルエンザですが、予防接種は受けていますか?

大人だけではなく、赤ちゃんから子供まで受けておいた方が安心できるのではないでしょうか。

インフルエンザは、いつなってしまうのかわかりません。

大人だけが予防していればいいと言うものでもありません。

赤ちゃんの頃から、予防接種が必要なのです。

では、赤ちゃんにインフルエンザの予防接種をする場合いつから出来るのでしょうか?

回数や間隔、料金などはどうなのでしょうか?

今回は、インフルエンザのことについて紹介します。

スポンサードリンク

1.赤ちゃんはインフルエンザの予防接種は必要か?

インフルエンザの予防接種には、どのような効果があるのでしょうか?

インフルエンザは、大人でも赤ちゃんでも同じウイルスが入り感染してしまいます。インフルエンザは、普通のウイルスよりも強いです。

大人の場合には、ある程度の抗体を持っているためインフルエンザになっても戦える力があります。

ですが、赤ちゃんの場合には抗体がないため弱ってしまいます。

予防接種を受けなければ、症状が酷くなってしまいます。

感染しないため、症状が酷くならないためにも予防接種は必要なのです。

赤ちゃんが予防接種を受ける時期は?

インフルエンザの予防接種は希望する人だけが受けることが出来ます。

赤ちゃんの場合、産まれてから家にいた方がいい時期と外出をしてもいい時期があります。

それは、生後6か月です。それまでは、免疫も少なく病気をもらいやすいので外出はしない方がいいと言われています。

病院でも指導されるのではないでしょうか。

生後6か月からは、インフルエンザの予防接種を受けることが出来ます。

外出をよくする人はこの時期から予防接種を受けた方がいいです。

ですが、遅くても1歳になるころには予防接種を受けましょう。

実際にいつ受けるかは、外出する頻度によるので人それぞれ変わってきます。

保育園に通わせる予定の人は早めに予防接種を受けた方がいいです。

予防接種回数は?

 

インフルエンザの予防接種は、1度予防接種したからと言って長期間続くわけではありません。

毎年受けなければいけないのです。

大人の場合には、抗体があるため1回でいいです。ですが、赤ちゃんの場合、まだ抗体が少なく1度だけでは抗体が付きにくいため2回予防接種をしなくてはいけません。

例えば、私の子供が赤ちゃんの時に受けた予防接種で見てみると、三種混合の予防接種を受け約6日以上空けたあと、インフルエンザの予防接種を受けました。

予防接種の間隔はどれくらい?

間隔としては、1回予防接種を受けてから4週間前後は開けなくてはいけません。

抗体が出来てインフルエンザにならないようにするためには4週間かかるからです。

インフルエンザの時期に、予防接種をしても抗体が出来る前にインフルエンザになってしまうということもあるので、インフルエンザが流行する4週間前までに受けることがオススメです。

インフルエンザが流行するのは、12月~1月あたりです。

なのでそれまでには、受けといた方がいいでしょう。

ただ赤ちゃんの場合、インフルエンザの予防接種以外にも様々な予防接種を受けなくてはいけません。

時期によって、何を受けるかは人によって変わるので開けなければいけない期間は違います。予防接種を受ける病院に相談すると、受ける順番を教えてくれるので相談してみましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種にかかる料金

赤ちゃんが必ず受けないといけない予防接種は、補助券があるため無料で受けることが出来ます。

ですが、インフルエンザの予防接種は、希望者のみということで保険もきかないため全額負担となります。

私の子供が、インフルエンザの予防接種を受けた時には1回に2,000円しました。

なので、2回して4,000円はかかりました。

大切な赤ちゃんが、インフルエンザにかからないためには必要なことです。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ