赤ちゃんのインフルエンザの症状は熱と咳の他は?検査方法や費用はいくら程?

赤ちゃんで気になるのは、インフルエンザになることではないでしょうか。

風邪とインフルエンザは似ていても、違う病気だということは分かると思います。

大人でもインフルエンザになってしまうと辛いモノです。

そんな病気に赤ちゃんがなってしまうと、どうなってしまうのでしょうか。

今回は、赤ちゃんのインフルエンザについて紹介します。

 

スポンサードリンク

インフルエンザの症状や原因は?

 

インフルエンザというのは、風邪とは違い感染する力が強いです。

大人がかかっても高熱が出たり頭痛や全身に強い症状が出ます。

赤ちゃんの場合、どのような症状が出るのでしょうか?

赤ちゃんのインフルエンザの症状

 

症状として主なモノは、40度近くの高熱が続きます。高熱が続いてしまうことによって痙攣を起こしてしまったり、吐いてしまうこともあります。

そして、咳や鼻水が出ます。

その他、ミルクの飲みが悪かったりぐったりしていたり下痢が続いたりします。

免疫力が少ない赤ちゃんには、このような症状が強く出てしまいます。

このような症状が、何日も続くと脳症など脳に障害を与えてしまう可能性が高くなります。

酷い時には、インフルエンザが治ってしまった後も後遺症が残ってしまったり、最悪な可能性になってしまう場合もあります。

原因は?

 

原因としては、赤ちゃんを人の多い場所に連れていき過ぎたり親がインフルエンザにかかってしまったり赤ちゃんの兄弟が、

インフルエンザにかかってしまうと赤ちゃんもかかりやすくなってしまいます。なので、注意が必要です。

インフルエンザの対処法

 

親は、赤ちゃんの傍にいるので体調の変化に気づきやすいと思います。

ミルクの飲みが悪くなったり、飲んでも吐いてしまった、泣く元気もない、呼吸がいつもとは違う、下痢が続くなど見た目から変わってきます。

そのような症状が出始めた場合には、早めに病院に行きましょう。

私の子供の場合には、乳児になってからインフルエンザにかかりました。

いつも風邪を引いても元気だった子供が、インフルエンザの時には食欲もなくぐったりしていました。

また、呼吸も荒く辛そうだったのでその日に病院に行きました。

何とか水分は飲んでくれたので脱水症だけにはなりませんでしたが

夜は、眠れずうなっていて治るまでは辛そうでした。

このように、子供を見ていると病気が分かると思います。辛そうな姿を見ることは、親にとっても辛い事なので薬を処方してもらい時間を守って飲ませたり、

水分は頻回に飲ませましょう。食事は食べられるときに、食べられる物を食べさせてあげましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザの検査方法は?

病院に行ってからの検査としては、鼻に専用の綿棒を入れて鼻水の液をつけます。

それを、専用の機械に入れて検査します。

その他、採血をしてカラダの状態をみることもあります。

何分か待つと検査結果が出るので、その結果で薬が処方されます。

検査費用は?

検査や薬などの治療費は、赤ちゃんの場合には乳幼児医療制度があるためほとんど無料と言ってもいいです。

初めて病院に行く場合には、住んでいる場所によりますが初診料約500円を払わなければいけないこともあります。

1万円必要と言うわけではありませんが、いくらかは持っておいた方が安心かもしれません。

インフルエンザを予防するには?

インフルエンザにならないためには、予防接種を受けることです。

ですが、予防接種をしたからと言って必ずしもならないと言うわけではありません。なったとしても、症状は軽いです。

インフルエンザの予防接種をする場合には、約2,000円かかります。

実費なので、払わなくてはいけません。

その他、親や赤ちゃんに関わる人は赤ちゃんの傍に行く時には、手洗いうがいなどをしましょう。

赤ちゃんは、自分では予防が出来ないので周りの人が予防をしなくてはいけません。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ