足の裏が痒いと思ったら赤いブツブツや水泡が出来てるけど原因は?

足の裏を気にして見たことはありますか?

足の裏をマッサージしたりケアしたりしない限り普段は、足の裏を見る機会は少ないかもしれません。

では、足の裏が痒いという経験はありますか?

寝ている間に虫に刺された?靴下や靴などで足が蒸れた?などかゆくなる原因はあるかもしれません。

足の裏が痒く見ると赤いブツブツや水泡がいつの間にか出来ていたなんてこともあるかもしれません。

では、どうしてそのようなモノが出来るのでしょうか?

今回は、足の裏の痒みと赤いブツブツや水泡の原因について紹介します。

スポンサードリンク

以外に大事な足の裏

 

足の裏はさほど気にすることのない地味な場所です。

ですが、その足の裏は私たちが日常生活を送るためには重要な場所です。

足の裏のツボを押して痛い所があれば、どこが悪いのかわかるくらい重要で第二の心臓と言われるくらいです。

そんな足の裏は痒いだけでも歩くのに支障が出たり、睡眠にも支障が出てしまいます。

私は、寝ている間に蚊に足の裏を刺されたことがありました。

起きて気づいてからが痒く、かゆみ止めを何度塗っても痒みが治まらなかった体験をしたことがあります。

家にいるだけであれば、好きな時に足の裏をかいて用事がない限り外出することはないので座っていればいいです。

ですが、仕事だったり用事があった場合にはそんなことは出来ません。

靴下や靴を履いて外に出て、歩かなくてはいけません。

そうなると、人が多くいるところに行かなくてはいけなく痒い時に思うようにかけないこともあります。

痒さを我慢しなくてはいけない時のムズガユイ気持ちが分かっる人もいるのではないでしょうか。

集中が出来なかったりすることもあると思います。

痒みで赤いブツブツと水泡の原因

 

足の裏の痒い中、赤いブツブツと水泡が出来ると更に気になります。

考えられる原因とモノとしては、次のようなことがあります。

・小水疱型という水虫の仲間で小さな水疱が出来るモノ

・水虫ではないですが、靴や塗り薬によってかぶれて痒みが出るモノ

・汗をかき炎症を起こして水疱が出来るモノ

・膿がある水疱が出来、皮膚がめくれてくるというモノ

このようなことが考えられます。ですが、もしかすると湿疹が原因であるなどこれ以外のモノがあるかもしれません。

水虫なのかそうでないのかとモノによっては、薬が違うので足の裏に痒みや赤いブツブツ、水疱が出来たからと言って同じ薬をつけることはいけないことです。

スポンサードリンク

対処方法

足の裏は素足で歩くことも多かったり直接何かに触れることが多い場所です。

なので例え綺麗にしている場所だったとしても、意外と汚れやすかったりします。

基本的には、足の裏を綺麗にし顔や肌と同じようにケアをすると予防が出来たりなっていてもケアをすることで早く良くなります。

大切なことは、足の裏が痒いからと言ってかきむしらないようにしましょう。

かきむしるとなかなか治りません。むしろ酷くなってしまいます。

いくらケアをしているからと言ってもかいてしまってはケアしても意味がありません。

なってしまった時には正しい判断は病院に受診して、適切な薬を処方してもらうことで効き目があります。例えば水虫であれば、クリームやスプレー、液、パウダーなど色々な種類の薬があります。

市販でも売っているので手軽に手に入れることが出来ます。

最後に

 

足の裏の痒みや赤いブツブツ、水疱について分かったでしょうか?

汗だったり、水虫などが原因で起こることが分かりました。

ですが、どれが原因で出来ているのか自分で見ただけでは、判断がつきにくいと思います。

適切な治療を受けるためには、病院に行き正しい判断をして薬を処方してもらうといいです。

症状は軽いし今は大丈夫だと思わず、気づいた時にはすぐに病院に行きましょう。

早く治療をすることで早く良くなります。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ