首の後ろが痛い!頭痛もする場合は何の病気が考えられる?

首の後ろの痛みを感じたことはありますか?

時には、頭痛もすることがあるかもしれません。

では、首の後ろが痛い場合や頭痛もする場合には、何か病気が考えられるのでしょうか?

今回は、首の後ろの痛みと頭痛について紹介します。

スポンサードリンク

首の後ろのいろいろな痛みについて

 

首の後ろの痛みは感じたことがある人も多いのではないでしょうか。

では、その痛みはどのような痛みですか?

・後頭部から首にかけて痛む

・首が痛く硬くて回らない

・朝起きたら首が固まっていた

・首が固まった感覚がある

・寝違いをする

・常に首に力が入っている

当てはまる感覚はあったでしょうか。

首は頭を支えています。

感じたこともある人はいるかもしれませんが、頭は重たいのです。約5Kgはあると言われています。

小さいお米を毎日抱えているようなものですね。

首は毎日その重たさを支えています。

首の筋肉が凝ってしまったりリンパが詰まってしまったり血流が悪くなってしまうと痛みが出てしまいます。また、頭痛も現れる場合があります。

こうなると、人間は自然と前かがみになってしまい姿勢が悪くなってしまうという悪循環になってしまいます。

首の痛みで考えられる病気

 

首の痛みとして考えられる病気としては、次のようなモノが挙げられます。

・ヘルニア

・むち打ち

・神経痛

これらは、首を痛めた時に起こります。

ただ痛みがあるから首が凝っているだけだと思う人もいるかもしれませんが、もしかすると病気という可能性もあります。

そうなると、首のマッサージはむやみにしない方がいいです。

マッサージをし過ぎてしまうと、余計に首を痛めてしまうことになります。

頭痛で考えられる病気

 

頭痛で考えられる病気としては、偏頭痛が考えられます。

首が凝り、血流が悪くなってしまったことで頭に必要な血液が流れにくく酸素が上手く頭に回らないことが原因で偏頭痛となります。

偏頭痛はストレスや脳の異常によって起こることが多いです。

私は偏頭痛に時々なります。最初は、首の痛みだけしか症状はなく、ただの凝りだとそのままにしていました。

ですが、どんどん酷くなっていき頭痛までするようになりました。

頭痛は収まるどころか、痛くなるばかりで頭を割ってしまいたくなるほどつらかったです。

そこで、病院に行ったところストレスからくる偏頭痛だと診断されました。

検査をして病名が分かったのと薬を貰い落ち着くことが出来ました。

なるべくなら溜めたくないストレスではありますが、完全にストレスを無くすというのはなかなか難しい所ではあります。

スポンサードリンク

対処法は?

 

一番重要なのは、正しい姿勢で過ごすことが大切です。

首が痛いから、頭痛がするからと姿勢が悪くなると血流が悪いのに更に悪くしてしまいます。そうならないためにも、正しい姿勢で過ごしましょう。

また、血流が悪いということは血流を良くしてあげないと頭痛も良くなりませんし頭に血流が行きにくくなってしまいます。

自宅で出来る対処法としては、毎日でも何日か置きでも、時間がありリラックス出来る時には部屋を暗くし横になって、

温かいタオルなどを首の後ろや目から額にかかるように置きゆっくりと深呼吸をしたりしましょう。

その時には、何も考えないようにしましょう。

ただただ何も考えない時間を楽しみ、心も体も癒しましょう。

その他、お風呂に入っている時に首を温めながらマッサージするのもいいです。

余裕がある人は、整体やマッサージを受けに行くのもいいかもしれません。

プロの手でマッサージなどをしてもらえれば、更に癒されるのではないでしょうか。

もしも、何をしてもなかなか痛みがとれない場合には、首を動かしすぎないようにし病院に行き異常はないか検査をしてもらうといいです。

病気であれば、適切な治療をしてもらえますし病気でなければ安心することが出来ます。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ