鼻水が透明でサラサラで止まらないときの原因と対処法は?

鼻水が出ることは誰にでもあると思います。

そこで気になるのは、どの様な鼻水が出たかということです。

多くの人は、鼻水の色や性状はさほど気にすることはないのではないでしょうか。

異常な色ではない限り、見ることはないと思います。

私はそうです。

病気の時などは気にして鼻水を見ますが、普段は気にしません。

ですが、病気の時以外でも時々透明でサラサラとした鼻水がよく出ることがあります。その時にはいつもより出るので、気にしてしまいます。

では、その透明でサラサラとした鼻水はなぜ出るのでしょうか?原因と対処法を紹介します。参考にしてみてください。

スポンサードリンク

鼻水について詳しく!

 

何かの時に鼻水がよく出て辛いと思うことはありませんか?

なぜ鼻水は出るのでしょうか?

鼻水というのは、カラダの中のいらなくなったモノやウイルスや菌を外に出す働きがあります。

なので鼻水が出ることで、カラダの外に悪いモノを出して病気にならないように予防する働きがあります。

また、病気になったとしても早く病気を治そうとする働きがあります。

ただの鼻水でも大切な役割があるのです。

そして、鼻水の色は病気によって色や性状が変わるのです。

透明でサラサラな鼻水とは?

 

透明でサラサラの鼻水が出る理由としては、カラダにある水分が多い状態だからです。というのも、人はカラダの半数以上は水分で出来ています。

ですが、花粉症やアレルギーなどが起こることによって菌を外に出そうとする機能を持っています。

花粉やアレルギーが鼻から入ると、水分が多くなってしまいます。

そうなると、一定以上の水分となってしまいます。

水分が多くなることでいらない水分が出てきます。

その要らない水分を、カラダの外に排出しようと出されたモノが透明でサラサラとした鼻水なのです。

スポンサードリンク

垂れてくるサラサラ鼻水の対処法は?

 

鼻水の色は透明でサラサラなだけではありません。

ウイルスや菌が入ってしまうと、色のついたネバネバした鼻水になってしまいます。

そうなった場合には、早めに病院に行き薬など治療をしてもらう方がいいです。

透明でサラサラな場合には、一時的なこともあれば長期間続くこともあります。

花粉症などで鼻水が出る人はわかるでしょうが、花粉症の酷さによって鼻水の出る量は変わってきます。

私は花粉症に毎年なるのですが、透明でサラサラな鼻水がよく出ます。

症状が軽い時には、鼻水の量も気にならないので治るのを待つだけですが、酷い時には、

数時間のうちに何度も鼻水を噛まないといけなく鼻の痛みまで伴うようになりました。

そうなると、病院に行き薬や洗浄など鼻を綺麗にしてもらわないといけなくなります。最近では、市販でも鼻洗浄のモノが売っているようです。

私のように、透明でサラサラな鼻水でも病院で治療をしてもらった方がいい鼻水と病院に行かなくてもいい鼻水があります。

自分でも出来ますが、酷かったり長期間続く場合には、病院に行き適切な治療をしてもらうことで早く治ります。

花粉症の場合には、外出をする時などにはマスクをし家に入る前に、服や身に付けていた物をはたき花粉を落としてから入ることが必要です。

鼻水が出た時に鼻を噛む時には、片方の鼻の穴を塞ぐようにして片方ずつ鼻を噛みましょう。

最後に

 

透明のサラサラとした鼻水について分かったでしょうか?

透明でサラサラの場合には、さほど重要な病気ではないことが多いです。

ですが、鼻水です。

また鼻水と言ってもこの他にも種類はあります。

どれが正常なのか異常なのか、医療関係以外の人ではなかなか判断がつけにくい所です。鼻水が長期間続く場合や仕事や日常生活に支障が出るなどの場合には、

どのような鼻水であっても病院に行き治療をしてもらうことをオススメします。

辛くなる前に、早く治しましょう。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ