痰に血が混じってたり咳をすれば喉の痛みがある場合なにが原因で対処法はあるの?

誰にでも出ることのある痰ですが、ただの痰だと気にすることはないと思います。

私も風邪などの時には、痰が出ることがあります。

ですが、血が出るほどの痰は出たことはありません。なので、どれほど辛いモノなのかは正直分かりません。

なぜ痰に血は混じるのでしょうか。痰でも血が混じっていると何かの病気かもしれないと思うと思います。

痰に血が混じるだけであればまだ症状は軽いのでしょうか?

中には咳をして喉の痛みがある場合があるかもしれません。

そうなると重症なのでしょうか?

今回は、痰に血が混じっている場合についてです

スポンサードリンク

痰とは?色についての説明します

 

痰というのは、気管や肺の中に入っているウイルスや菌などカラダの中にはいらないモノを外に出しています。

痰が出る時には、カラダの中に入れておくのは良くないことです。

痰が出た時には外に出しましょう。

ではまずは、痰の正常について見ていきましょう。正常なのは透明なモノです。

風邪などの軽い病気で治りかけると黄色や緑色のモノが出ます。分泌物が多いと白色のモノが出ます。

病気や咳き込みなどが酷い時には血が混ざったようなモノが出ます。

健康的な痰は透明です。

ですが、色が付き濃いくなっていくほど危険です。

何かの病気を教えてくれているサインかもしれません。

では、痰に血が混ざるということはどういうことなのでしょうか。

痰に血が混ざるとはどういう状態?

 

痰に血が混ざるということは、様々な原因があります。

問題ないモノとしては、鼻血や口の中が切れて喉や気管に流れて痰になりそれが混ざって出てきます。

その他の原因として、食道や気管が傷ついて出血が起こったり肺が炎症して出血することもあります。

また、アルコールを大量に飲んだ場合に吐いてしまい胃や食道などを傷つけ出血するということもあります。

痰に血が混ざると次のような病気も考えられます。

・肺炎

・食道、肺がん

・気管支炎

・肺結核

・肺血栓

この他にも当てはまる病気があります。

血の色も新鮮なのか黒っぽいのかなど色によって重症度が変わってきます。

新鮮な色だと今も出血している可能性があるので特に危険です。

黒っぽいモノは前に出血していたけれど、今は止まった後という可能性があります。今は止まっているかもしれませんが、

また出る可能性もあるので新鮮な色と同じように注意が必要です。

問題ないモノは、すぐに出なくなるので気にすることはありません。

ですが、何日も続く場合にはカラダの中のどこかから出血している場合があります。その場合には、病院へ受診しましょう。

スポンサードリンク

咳をすると喉の痛みを感じる

 

咳をし過ぎると喉が痛くなります。

これは誰にでも経験があるのではないでしょうか。

私も痰に血が出たと言うわけではありませんが、咳をすることがあります。

咳き込みをし過ぎると喉が痛くなったことがあります。

この痛みは、喉の使い過ぎと喉が腫れているからなのです。

 

対処法は?

 

対処法としては、うがいをすることです。すると、喉の粘膜を守ってくれ喉が腫れたり痛みを沈めてくれます。

アルコールを多量に飲む人は、カラダのことを考えて量を減らしましょう。

血が混じった痰が出た場合には、どの様な時に出たのかどのような色なのか量なのかを確認しましょう。

いつか治ると思いこまないようにしましょう。

今はそこまでカラダも悪くないし、ただ咳と痰に少しの血が混ざっているだけだから病院に行くまでもないと自分で判断することは危険です。

早めに病気が見つかれば、酷くなる前に治ることがあります。

なので、出来るだけ早く病院に行った方がいいです。

 

ですが、本当に病院に行くべきなのかは考えなくてはいけません。

鼻や口からの出血があってから出た場合には行かなくてもいいです。

でも、新鮮な色の場合にはすぐに病院に行った方がいいです。色が薄い場合には様子を見て何日も続く場合には病院に行き検査をしてもらいましょう。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ