喉がかゆいのは風邪が原因なの?咳き込むので対処法を知りたい!

突然に喉がかゆくなった経験はありませんか?

喉のどことは言えないけれど、喉がかゆくて掻きむしってしまうことがあると思います。

その時には決まって咳き込んでしまうことがあります。

なぜそれは起こるのでしょうか?

実際には、喉のどの辺がかゆくなっているのでしょうか?

今回は、喉のかゆみについて紹介します。

 

スポンサードリンク

喉のかゆみの原因は風邪?

 

喉がかゆくなるのは、原因として主に2つあります。

それは、風邪などの病気の後治りかけているからだったりアレルギーなどによって起こる炎症です。

例えば、足や手などどこか一か所を怪我をしたとしましょう。

 

最初は痛みやヒリヒリとする感覚があると思います。ですが、次第に治りかけるとかゆみが表れます。

この体験は誰でもしたことがあるんではないでしょうか。

 

私も子供の時などよく怪我をしたことがありました。

最初は痛みばかりを感じるのですが、かさぶたになってあと少しで治りそうという時にかゆみが襲ってきて起きている時や意識している時には、かかないように努力しているのですが、寝ている間にかいてしまって血まみれということも頻回にありました。

そうなるとまたかさぶたになるのを待たなくてはいけず、かさぶたになったらまたかゆみに襲われるという循環になります。

治るモノもなかなか治らないですね。

このような怪我の例えと同じように、喉のかゆみは起こるのです。

かゆみというのは、空気に触れるとかゆさは倍増するという厄介な作用があります。知っていましたか?

特に喉は、空気を吸う場所なのでずっと空気に触れています。

なのでかゆさが強く感じるのです。

スポンサードリンク

咳き込みがある

 

咳き込みというのは、言葉通り咳が止まらず出ることです。

咳き込んでしまうと、自分ではなかなか止められないことがあります。

我慢しようにも我慢できないということもあります。

私も咳き込みが止まらないことがありました。どんな時にでも起こります。1度咳き込んでしまうといつ終わるのかわからないほどの咳き込みに襲われ、仕事もはかどらないということがありました。

咳き込みが酷い時には、吐きそうになったり実際に吐いてしまうということもあります。咳をすることが怖いと感じるくらい酷いです。

咳き込みの原因としては、感染による咳と感染とは関係のない咳があります。

感染による咳は、風邪やインフルエンザなどです。

感染とは関係のない咳は、喘息やアトピーなどです。

咳き込むことへの対処法は?

 

対処法としては、かゆみを止めるというよりもまずは咳を止めることが大切です。

風邪の治りかけで咳をしたところで、喉に振動が行き空気に触れることでかゆさが表れます。

なので、風邪などの病気が原因と分かっているモノは咳止めを市販で購入したり病院などで処方してもらい治療しましょう。

また、冷たい空気でも刺激になりその刺激によってかゆみが酷くなってしまうのでうがいやマスクをするなどして刺激を避けましょう。

その他、喉にいい飲み物などを飲むといいです。

例えば、砂糖水やはちみつ、りんごなどです。

手軽に手に入る食材なので、口にしやすいのではないでしょうか。

かゆみがあるからと言って、喉をかきすぎない方がいいです。

かきすぎると、首も赤くなりますがかゆみ以外にも痛みが残ってしまいます。

かゆいのは分かりますが、出来るだけ我慢をしましょう。

どうしてもできない時には、暖かいモノを首に巻くといいです。

かゆみが落ち着きます。

最後に

 

喉のかゆみと咳き込みについて分かったでしょうか?

喉のかゆみや咳き込みは風邪の治りかけに起こることが多いです。

紹介した対処法を参考に、早く咳き込みを治し喉をいたわりましょう。

出来れば、なる前からの対策をしっかりするといいです。

外から帰ったり何かを触った後には、手洗いうがいを必ずするなどしていると風邪も引きにくく、苦しい咳き込みや喉のかゆみも体験することはありません。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ