痰と鼻水の違いは?緑色だし止まらない期間も同じだし本当はどうなの?

風邪を引くと必ずと言っていいほど出てくる症状と言えば、痰と鼻水です。

では、痰と鼻水はなぜ出てくるのか、不思議に思ったことはありませんか?

私の場合、風邪を引くと痰も鼻水も出ます。それも緑色のです。

痰を出した時には緑色の痰だったので、鼻水が流れてきて出てきた?

と感じる程です。

同じような体験をしたことがありませんか?

痰を出した後、鼻が通ることがあるので同じモノ?と考える人がいるかもしれません。そんな不思議な痰と鼻水について知りたくありませんか?

今回は、その不思議な痰と鼻水について紹介します。

スポンサードリンク

痰の正体とは?

 

まずは痰について紹介します。

痰というのは、肺や気管など呼吸に関わる器官から出る粘液です。

風邪を引いた時に、ウイルスや菌がカラダの中に入っていきます。

大抵呼吸をした時に、風邪がうつってしまうのでその時にウイルスや菌が空気と一緒にカラダの中に入っていきます。

そのウイルスや菌が住み着くのを阻止するために、肺や気管が粘膜を多く作りウイルスウや菌を包み込むようにしてカラダに入らないものと痰を作ります。

そして、口から出てきます。

痰が上手く出ればいいですが、時々出にくいことがありませんか?

ネバネバすぎてカラダの外に出しにくい時があります。

この時には、痰が出やすいように肺や気管をマッサージしたり、うがいをすると出やすくなります。

鼻水について

 

では次に、鼻水は何なのでしょうか?

鼻水は、鼻の中にウイルスや菌などいらないモノが入りそれを外に出そうと鼻で作られる水です。

鼻水を出すことで、ウイルスや菌などいらないモノがカラダの中にまで入らないようにしています。

痰と鼻水の違いとは?

 

痰にも鼻水にも言えることは、ウイルスや菌などいらないモノを外に出そうとする作用があるということです。

その違いは、痰の場合には風邪の菌やホコリなどのカラダに入らないモノを口から出します。

鼻水の場合には、鼻の中に入ったいらないモノを鼻から外に出すようにしています。

時々、鼻水が多すぎてカラダの中の方まで流れて来ると言うことはありませんか?

私は、副鼻腔炎になった時に鼻がつまり何度も噛むのですが、次から次えと鼻水が出て噛んでいても間に合わないくらい酷い時がありました。

その時に、カラダの中を流れてしまいました。

そして、痰がその時に出たので痰と鼻水は同じ?と勘違いをしてしまったことがありました。

痰と鼻水を同じように考えている人もいるかもしれませんが、違うものです。

私のように勘違いをしないようにしましょう。

スポンサードリンク

緑色で止まらないのは何故?

 

痰と鼻水についてそれぞれ紹介しました。

次に気になるのは、痰や鼻水が出た時に緑色のモノが出るということです。

風邪などひいていない時に出る痰や鼻水は透明ではありませんか?

ですが、病気になってしまうと緑色になってしまうのは何故でしょうか?

それは、カラダの中でウイルスや菌などカラダの中にはいらないモノを外に出す時に、カラダの中でウイルスや菌などと戦った後なのです。

カラダが頑張ってくれているので、緑色の痰や鼻水が止まらないのです。

風邪などの症状が落ち着くと、痰も鼻水も同じくらいに透明ないつも通りの色に変わります。

最後に

 

痰と鼻水について分かったでしょうか?

痰と鼻水は似たようなところが沢山あります。

ですが、働く場所は違い痰と鼻水は違うモノなのです。

病気になってしまうと、色のついた痰や鼻水だけではなくカラダも弱り免疫力が低下しています。軽い症状では、自然に治ることもあります。

ですが、痰や鼻水に色が出るようになった時には、カラダだけの力ではなく病院に行き薬などを貰って痰や鼻水の働きを手助けしてあげましょう。

自分で簡単に出来る手助けとしては、手洗いやうがいなどがあります。

それをするだけでも違います。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ