足の小指の爪が変形して割れたり分厚くなる原因は水虫などの病気?

まじまじと足を気にしたことはありますか?

時々足を見ることはあっても、普段そこまで足を気にする人は少ないかもしれません。

ですが、ふとした時や爪を切る時などに足を見ると足の爪で特に小指の爪がおかしいような気がすると感じることがありませんか?

このように足を見ていて、特に気になるのは小指ではないでしょうか。

今回は、足の小指について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

足の爪について

足の指というのは見てわかるように、まっすぐに伸びています。

なので、爪もまっすぐ伸びるのが普通だと思います。

指の爪を見るだけでも、まっすぐに伸びていることがわかります。

ですが、足の小指を見てみてください。

どうなっていますか?

小指なので親指よりも小さいと思います。

私の指で見ると、そうなっています。

そこまでは誰でも同じです。

次に気になるのは、爪の形です。割れている場合もあれば、変形しているなどということがあります。

では、何が原因でそうなってしまうのでしょうか?

爪が割れる原因は?

 

爪が割れるというのは、普通ではなかなか考えられないと思います。

ですが、足の小指の爪というのはどの爪よりも何かあった時に影響を受けやすい爪なのです。

割れる原因として例えば、次のようなことがあります。

・小指をぶつける、何かに当たる

・栄養が足りない

このようなことが原因で割れることが多いです。

机の角などで小指をぶつけてしまう経験をしたことがある人がいるのではないでしょうか。

 

私も経験しましたが、なぜか小指だけぶつけてしまい地味に痛い思いをしました。

その時の衝撃だけでも、爪が割れてしまうことがあるのです。

 

私は爪が割れるまでは経験したことはありませんが、ぶつける以上に痛いのではないでしょうか。

また、栄養が不足している時にも爪が割れてしまうことがあります。

それは、偏りなく食事をしていれば治すことが出来ます。

スポンサードリンク

爪が変形している原因は?

 

爪が変形している原因としては、次のようなことが考えられます。

・靴のサイズが合っていない

・靴下のサイズが合っていない

このように、足のサイズに対して履くものが合っていないことで爪の変形が起こってしまいます。

私の子供が、保育園に通っている時に裸足で靴を履いて通わなくてはいけなかったのでそうしていると、

いつの間にか足のサイズが靴よりも大きくなっていき、それに気づかずそのままにしていると、足の小指の爪が少し変形をしてしまいました。

今では、爪をこまめに切り形を整えており靴も足のサイズに合わせているので爪の変形は治ってきました。

この他にも、水虫という可能性もあります。

サイズが合っていないのか水虫の違いは見ているとわかります。

爪の色が違うだけではなく、爪の表面が削られたようになっていたり変形してしまっていたりするのです。

爪が分厚くなるのはなぜ?

 

爪が分厚くなってしまうことが多いのは女性です。

それはヒールを履く機会が多いためです。

ヒールを履いているとわかりますが、足の指に特に力を入れませんか?

 

そして、指の中でも小指に力を入れているのです。

そのため、毎日ヒールを履いているとすると負担がかかりすぎ爪が分厚くなってしまうのです。

分厚いのが気になる人は、日をあけながら少しずつ削るといいです。

 

その他の爪の変化

 

爪の状態として、割れたり変形したり分厚くなる他に、爪の色が変色してしまうということがあります。

変色している場合には、爪水虫が考えられます。

 

最初は白っぽいかもしれませんが、徐々に黒くなってしまいます。

水虫と感じた時には早めに病院に行き、治療をしてもらうといいです。

最後に

爪というのは、気にならないようで気になる部分です。

人も見ていないようで見ています。

小指だからケアしなくても大丈夫とは思わず、細かい所から気にしてみませんか?




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ