吐き気が止まらない原因はストレス?対処法を考えたい!

吐き気に襲われたことがありますか?

誰でも1度は吐き気を経験したことがあるのではないでしょうか。

では、どのような時に吐き気が起こりましたか?

食べ過ぎたり飲みすぎたりすると起こる吐き気、それ以外にも病気など様々な時に吐き気が起こったことがあるのではないでしょうか。

今回は、吐き気の原因や対処法などを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

吐き気とは?

 

吐き気というのは、吐くまでではないけれど吐きそうな気分の悪い状態になることを言います。

吐き気は、健康でも病気でも誰にでも起こることです。

 

症状は軽いモノから重症なモノまであります。

軽いモノであれば、吐き気だけで済み日常生活にもさほど支障は出ません。

ですが、重症になっていくと吐き気が続き最終的には本当に吐いてしまったりしてしまいます。そのことによって、食事や仕事などが出来なかったりと日常生活に影響が出てしまいます。

では、吐き気の原因としては何があるのでしょうか?

吐き気の原因

 

吐き気の原因としては、次のようなことが挙げられます。

・食べ過ぎ

・飲みすぎ

・ストレス

・乗り物酔い

・病気

・薬の副作用

この他にも原因があるかもしれません。

ですが、この紹介した原因の中で多いのは、ストレスだと言われています。

私も育児や仕事のストレスから軽い吐き気に襲われたことがありました。

 

毎日の生活の中では、ストレスに感じることはさほどありませんでした。

また、しっかり寝れば疲れもとれ、ストレスはなくなるとも思っていました。

 

ですが、吐き気を経験してみてストレスは、感じていないと思っていても少しずつ溜まっていたということがわかりました。

 

自分では、毎日寝ていてもストレスはなくならず知らず知らずのうちに溜まっていき、

それが大きなストレスとなり吐き気にまでなってしまったのです。

 

このように、色々な場面で我慢しなくてはいけない毎日でストレスが多くなっている現代では、

なかなかストレスが解消できず溜まってばかりのことが多いです。

なので、原因であるストレスを解消しなくてはいけません。

 

スポンサードリンク

吐き気の対処法

 

原因が分かっている場合、対処しやすいと思います。

食べ過ぎた、飲みすぎたや他の病気の場合には濃い味の食事を控え、落ち着くまでは消化のいいモノを食べましょう。

それでも吐き気がある場合には、

本当に吐いてしまうこともあり栄養だけではなく水分まで少なくなり脱水症状になってしまう可能性が高いです。

 

そのようにならないためにも、早めに病院に行き治療をしてもらいもしょう。

病院で点滴などをしてもらうだけでも、状態が変わり楽になります。

 

ストレスが原因の場合には、ストレス解消のできることを探しましょう。

ストレス解消方法は、人によって違いますが、例えば友人と話をしたりカラオケなどに行ったり散歩をしてみたりとストレスから解放されることをするといいです。

その他家などで気軽に出来ることでは、背中をさすってもらったり空気を入れ替えたり

ひと眠りしてみたりすることも頭をスッキリさせることが出来ます。

 

私の場合には、ウィンドウショッピングをしたり本を読んだりすることでストレスを少しの間でも忘れる時間を作るようにしています。

最後に

 

吐き気がある人は、原因は人それぞれなのでなぜ吐き気があるのかはわかりません。ですが、ストレスであることが多いです。

私は、対処法でも紹介したように毎日寝る前にリラックスさせてしっかり寝るようにしました。

すると、吐き気に襲われることもなくなりました。

まとめてストレスを発散させようとしても、発散できないこともあります。

なのでまずは日常生活を振り返ってみて、寝る前にリラックスをするといいのではないでしょうか。

自分の対処法を考え直し出来るだけ、その日にストレスを発散しましょう。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ