大人のへルパンギーナは口内炎で舌や唇が痛い!治し方はあるの?

へルパンギーナは6月から8月ごろに、子供がかかることの多い夏風邪の一つです。

大人では感染源がない限り感染することはありません。

ですが、子供がかかってしまうと子供を看病している大人にも感染してしまうことがあります。

子供がいる人は分かると思いますが、保育園や学校などに通っていると良く病気をもらって帰ってきます。

それと同じように、へルパンギーナももらって帰ってくるのです。

そして、大人がかかってしまうと子供に比べ症状が重く出てくる可能性があります。なので、注意が必要な病気です。

では、へルパンギーナの症状にはどのようなモノがあるのでしょうか?

そして、治し方はあるのでしょうか?

今回は、へルパンギーナの症状と治し方について紹介します。

 

スポンサードリンク

へルパンギーナの症状

 

まずは、へルパンギーナの症状について見てみましょう。

へルパンギーナの症状としては、次のような症状があります。

・口内炎

・水泡

・高熱

・喉などに炎症が表れる

このように、口の中に炎症が表れたり、高熱が出ることが特徴的です。

大人も子供も似たような症状が出ます。

ですが、子供の場合には、4歳までの子供がなってしまうことが多いです。高熱は2~3日程と早く治りますが、

大人になると治るまでに時間がかかります。更に重症化してしまうということが分かっています。

 

そして、口内炎が出来ることで、舌や唇の痛みが酷く食べることや話すことも嫌になってしまいます。

口の中に酷い口内炎になったことのある人は似たようなことがあるので、気持ちが分かるのではないでしょうか。

 

私は、へルパンギーナにはなったことはありませんが、よく口内炎にはなります。

口内炎になると、舌や唇など口の中が痛く食事を上手く摂ることが出来ない時があります。

このような状態と同じようになるのではないかと思っています。

スポンサードリンク

へルパンギーナ治し方はあるの?

 

では、どのように治療をしていくのでしょうか。

へルパンギーナに対して効く薬はまだありません。予防接種もありません。

ですが、これから薬が開発されれば、へルパンギーナに対して効果のある薬が出てくるかもしれません。

今は、出た症状に対して効く薬を飲むことが基本となっています。

その他、自分で出来ることとしては次のようなことがあります。

・安静に過ごす

・脱水症にならないようにするために水分補給をする

・人に感染させないようにするために外出を控える

・感染対策をする

このように、ゆっくりと休み人に感染させないことが重要です。

気をつけて過ごしましょう。

食事が上手く出来ない場合には、アイスやヨーグルトなど刺激の少ない食べ物を食べるといいです。

 

へルパンギーナの感染対策

 

子供が感染してしまった時の辛い姿を見るのも辛いですが、自分がなってしまうのも辛い病気です。

大人がなってしまう原因の一つに、免疫力が落ちてしまうことがあります。

それは、ストレスや育児疲れなど様々な理由で落ちてしまいます。

そのようなことがないように、そしてへルパンギーナに感染しないように、マスクや手洗いなどだけではなく免疫力をつけるなどして日ごろからの対策をしなくてはいけないと改めて感じます。

私たちのような大人だけではなく、子供にも感染対策をしっかりさせる必要がありますね。

子供はなかなか習慣づかないので、大人が何度も言って予防をしていきましょう。

最後に

どうでしたか?へルパンギーナの症状や治し方について分かったでしょうか?

今回紹介したように、へルパンギーナのように症状が重症化してしまうような感染病は、なってしまうと厄介です。大人にとって怖い病気の一つです。

なりたいと思う人はいないはずです。

ならないためには自分で対策をしましょう。注意しなくてはいけませんね。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ