大人のインフルエンザの症状は?うつったときは出勤など外出禁止するべき?

インフルエンザという言葉を聞いたことがない人はいないと思います。

色々な種類のあるインフルエンザ、毎年インフルエンザになってしまうとか予防接種を受けて予防している人などもいるのではないでしょうか。

今回は、インフルエンザのことについて紹介したいと思います。

スポンサードリンク

インフルエンザの特徴は?

 

インフルエンザは毎年必ず流行してしまう病気です。

そんなインフルエンザにはA型、B型、C型と種類があります。更に、

鳥インフルエンザだったり新型のインフルエンザという新しいインフルエンザまで出てきています。

もしかすると、これからもまだまだ出てくるかもしれません。

基本的には、どれもインフルエンザのウイルスが体に入ってしまい感染してしまいます。

強力なウイルスのために多くの人が感染してしまいます。

では、それぞれどのような特徴があるのかを紹介します。

A型は、動物から人に感染してしまいます。

B型、新型インフルエンザは、人から人に感染します。A型よりは軽い症状で済みます。

C型になる人はほとんどいません。なったとしても、「鼻かぜ?」と思うほどの軽い症状のみです。

鶏インフルエンザは、鳥類から人に感染します。

このように、感染源が違ったり、ウイルスの強さのよって名前が違ってきます。

 

インフルエンザの潜伏期間?

インフルエンザの潜伏期間は、1~3日と短いです。

くしゃみや咳だけでも感染してしまうので、インフルエンザにかかっていることに気づかないまま人ごみの中に入ってしまい人に感染させてしまっているということが起こってしまいます。

そして、多くの人がインフルエンザにかかりやすいという状況が起こってしまいます。

 

インフルエンザの予防方法は?

インフルエンザの予防としては、予防接種を受けることです。

予防接種を受けたからと言って、インフルエンザにはかからないと言うわけではありません。

かかる確率が減り、インフルエンザになっても症状が軽く済むというだけです。

私の子供が、インフルエンザの予防接種を受けたのですが、なってしまったことがありました。症状は軽かったのでしょうが、辛そうでした。

これが、もしも予防接種をしていなければもっと辛い思いをしていたかもしれません。

そのようなことがないように、インフルエンザが流行る前に、予防接種をしましょう。

その他、自分で出来る予防としては手洗い、うがい、外出する時にはマスクをするなどがあります。

スポンサードリンク

インフルエンザの症状は?

 

症状としては、38度以上の高熱が出てしまうことでインフルエンザの疑いが出始めます。

その他、頭痛や関節が痛くなったり、カラダのだるさ、痰、腹痛、下痢などがあります。

酷い人は、呼吸困難になることもあります。

普通の風邪とも似てはいますが、インフルエンザの方が強いウイルスで感染してしまうと辛い病気です。

インフルエンザにかかったとき出勤、外出は禁止?

 

インフルエンザは、周りに広がるのが早くインフルエンザの種類によっては重症化しやすいので仕事は休んだ方がいいです。

また、外出もしない方がいいです。

療養期間としては、一週間くらいです。

インフルエンザの治療方法

まずは、安静が第一です。気持ちを落ち着けて、インフルエンザを治すことだけをまずは考えて、ゆっくり過ごしましょう。

そして、インフルエンザになっていることで、食事や水分補給が出来ないことがあります。

消化にいいモノや水分補給を定期的に取るようにしましょう。

病院に行くと、症状にあった薬を処方してもらえるので、指示を守って飲みましょう。

4.最後に

 

インフルエンザになったことのある人は、わかると思いますが思っている以上に辛い病気です。

子供がなってしまうと、親にも感染してしまう確率は高くなります。

私は、子供がインフルエンザになってしまった時にはマスクをして対応していました。

このように、注意をしなくてはいけません。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ