へルパンギーナ大人は熱は出ないは本当?初期症状は頭痛や熱や下痢?

へルパンギーなって

どのような病気なのかわかりますか?

私は名前は聞いたことはありましたが、自分の周りではなったことある人に出会わなかったので詳しくは知りませんでした。

そのような人も多いのではないでしょうか。

知らない人のために今回は、へルパンギーナについて紹介したいと思います。

また、名前は知っていたけれどよくわかっていないという人も参考にしてみてください。

スポンサードリンク

へルパンギーナとはどんな病気?

 

へルパンギーナという言葉だけでどのような病気だと感じますか?

まるで難病のように感じてしまいます。

ですが、へルパンギーナとは、夏の風邪の一つです。子供がなることは多いですが、夏の暑さなどでバテ気味の大人も要注意の風邪です。

ウチではまだ子供も親もなったことはありませんが、友人の知り合いの子供がなってしまい、親にまでうつったと話を聞いたことがありました。

このように特に、子供がいる家庭では親に感染してしまうことがあります。

子供がなると割と早く治りますが、大人がなってしまうとなかなか治りません。

大人にはなってほしくない病気の1つと言えると思います。

へルパンギーナにかかる原因は?

 

大人がへルパンギーナになってしまう原因として、次のことが挙げられます。

・ストレス

・疲労

・子供からの感染

このように、自分の免疫が落ちている時や家族内で感染対策などをしっかりしていなかったためになってしまうということが原因です。

大人の場合、ストレスや疲労などで自分の体力が弱くなってしまうことはよくあります。今の世の中では仕方なく、なかなか改善が出来ないことかもしれません。ですが、自分の体調を整えたり、感染対策をしているとへルパンギーナになってしまう確率は少ないといえます。

スポンサードリンク

へルパンギーナ初期症状は?

 

潜伏期間は、約5日あります。大人がなった場合、高い熱が出ないのかというとそうではありません。初期症状としては高い熱が出ます

そして、口や喉などに口内炎のようにぶつぶつが出来てしまいます。

普通の風邪のような、頭痛や下痢などの症状は見られないようです。

口内炎のようなぶつぶつができると、痛みが強く口からご飯を食べたり飲み物を飲むことすらできなくなってしまいます。

子供が出来れば約1週間で治りますが、大人がなってしまうと子供よりも症状が悪くなってしまいます。

更に、治る期間も子供よりはかかってしまいます。

 

へルパンギーナ治療方法は?

 

治療方法として、へルパンギーナ専用の薬はありません。

熱や頭痛などに対しては解熱剤などと、その人の体調に合わせた薬を処方されます。また、食事などが上手く摂れない人には脱水症予防や栄養を摂取する目的として点滴などもすることがあります。

へルパンギーナになっている間は辛いですが、治るまでの間は病院でもらった薬を時間や量を守ってきちんと飲み、医師の言われた通りにしなくてはいけません。なかなか治らず、気持ちだけ焦ってしまうこともあるかもしれません。

ですが、どんなに焦っても早く良くなることはありません。

気持ちを落ち着かせゆっくりと治しましょう。

 

かかった場合は仕事はどうしたらいい?

大人が、へルパンギーナになってしまうと困るのが仕事です。

思うように食事などを摂ることが出来ず、体力が弱ってしまいます。

なので、仕事は治るまでは休まないといけません。

例え仕事に出たとしても、仕事が出来ず結局帰らなくてはいけないことになってしまいます。

 

最後に

へルパンギーナは大人にとって辛い病気です。

ならないようにするためにも、感染対策は心がけましょう。

私は、へルパンギーナについて知ってならないようにするために、日ごろから感染対策をしなくてはいけないなと感じました。

手洗いやうがいなどが重要だということがわかりました。

また、体が辛いなど体調が悪い時には家でゆっくり休んでいれば治ると思わず、早めに病院に行き、治療をしてもらうことが早く治すためには必要だと感じました。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ