溶連菌感染症大人にもうつるらしい?潜伏期間に仕事にいった場合どうなるの?

溶連菌感染症について知っていますか?

大人になるとなかなか聞くことなない病気かもしれません。

子供がいる人はなったことがあったり、聞いたことがあるかもしれません。

私の子供が赤ちゃんの時に1度なったことがありました。その時に溶連菌感染症について知りました。

このように、赤ちゃんや子供に多い病気といえます。

では、大人になった場合にはどのような症状が出てくるのでしょうか?

今回は、溶連菌感染症について紹介します。

スポンサードリンク

溶連菌感染症とは?

 

溶連菌という菌に感染して症状などが表れることです。

ですが、見た目や症状だけでは、風邪やインフルエンザなどと同じような感じなので、どの病気なのかわかりません。

検査をして溶連菌感染症だということがわかるのです。

免疫が少ない子供に感染してしまうことが多いですが、溶連菌感染症になった人が傍にいると大人もなりやすいです。

溶連菌感染症になる原因は?

 

溶連菌感染症になっている人がくしゃみをした時に、菌が飛びそれを吸い込んでしまうことで感染してしまいます。

またくしゃみだけではなく、感染している人の鼻水や痰などが少しでも外に出ると感染してしまう可能性があります。

子供がいる親にとって、子供の傍に必ずいるはずです。

私の子供がなってしまった時、夜間が寝付けず抱っこしていないと眠らない状態でした。

すると、親が眠れない状態となり疲れが出てしまいました。

こうなると、大人でも免疫が弱くなってしまうため、感染してしまう可能性が出てきます。

そうならないためにもマスクをするようにしていました。

 

このようにもしも触れなくてはいけない状況であれば、手袋やマスクなどをして対策をしましょう。

大人でなった場合の症状は?

 

子供の場合には、免疫がないために、熱や喉の痛み、発疹など全体的に症状が出て辛いものです。夜も眠れなかったりするので大人が見ても辛そうだと感じます。

ですが、大人の場合には免疫があるので体力がある人の場合に溶連菌感染症になってしまったとしてもほとんど症状が現れないことがあります。

知らないうちに感染して知らないうちに治っていたなどと言うこともあるかもしれません。

ですが、中には熱や体のだるさなどを感じる症状が現れることもあります。

スポンサードリンク

溶連菌感染症の治療方法は?

 

治療方法としては、大人も子供も抗生物質を飲むことです。

その他は、その人の状態に合わせて薬が出されます。

酷い人は、点滴などをすることもあります。

もしも溶連菌感染症になったとしてそのままの状態で何も治療をしなければ、合併症といって他の病気を引き起こしてしまう可能性があります。

それほど体には害のある病気なので、「風邪?」と感じた時などは病院に行くなどして早めに対応しましょう。

潜伏期間中に仕事に行っても大丈夫?

潜伏期間は約7日です。検査も感染してから何日か経たないと結果が出てきません。

なので、病院に行く時期が早すぎると溶連菌感染症になっているのかもわかりません。

潜伏期間中は、仕事をいつも通りすることは出来ます。

ですが、先ほどにも言ったように、症状が出ないこともあるので分かりにくいこともあります。

なので、何となく体がおかしいと感じた時にはマスクをして人にうつさないように対策をしましょう。

最後に

子供がなってしまうと親にもうつってしまいがちです。

そして、知らずのうちに親が周りの大人に感染させてしまっている場合もあります。いつどこで感染してしまうのかは誰にもわかりません。

親は子供の看病をしなくてはいけないので、仕方のないことかもしれませんが自分や他の人がうつらないようにするために対策を十分にすることが大切です。

手洗いやうがい、マスクなど最低限の対策はきちんとするようにしましょう。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ