水下痢が止まらない場合の原因は何の病気が考えられる?食事を摂っても流れ出るだけ…

何かの拍子に、下痢になったことのある人は多いのではないでしょうか。

下痢には重症度があり、その中でも辛いのは水下痢です。

なったことのある人は分かると思いますが、なかなか水下痢が止まらなかったり、お腹の痛みが辛かったりなどということがあります。

私も経験したことがありますが、辛いものです。

どんなに水分を摂っても食事をしても意味がないように感じてしまいます。

水下痢になってしまった場合の原因や考えられる病気、どのように食事をしたらいいのかなどについて紹介したいと思います。

スポンサードリンク

水下痢の原因は?

 

水下痢になってしまう原因には原因が分からないことから分かっている理由があります。また、理由の中にも色々な理由があります。

大きく分けると次のようなことが原因に挙げられます。

・感染性胃腸炎

・アレルギー

・ストレス

では、一つ一つ見ていきたいと思います。

感染性胃腸炎

ウイルスが体の中に入ってしまうことによって感染してしまいます。

症状として、発熱や嘔吐がみられることがあります。

嘔吐をしてしまった場合には、嘔吐したものにもウイルスが入っているので、2次感染にならないようにするためにも傍にいる人もマスクなどをして感染対策をしましょう。

予防をするためには、手洗いをすることが大切です。

 

アレルギー

食べ過ぎてしまったり、お腹を冷やしていたりすると水下痢が続いてしまいます。

ですが、これは一時的なことです。

長期間水下痢が続いてしまう原因としては、アレルギーの可能性があります。

アレルギーといっても人には色々なアレルギーがありますが、水下痢が起こってしまう原因としては、食べ物によるアレルギーがあります。

ですが、この食べ物を食べると必ず水下痢になってしまうと言うわけではありません。人によって様々です。

自分には合わない食べ物や飲み物でなってしまうことがあります。

何を食べたり飲んだりしたら水下痢になってしまうのかを考え、なるべく摂取しないように注意をしましょう。

 

ストレス

一番多い原因かもしれません。

ストレスが多い現代、ストレスがない人なんていないのではないでしょうか。

大きな発表会があったり、スピーチをしなくてはいけなかったりなど緊張をしてしまう場面でなってしまいます。

肝心な時にと感じる人もいると思いますが、その肝心な時にお腹の痛みや水下痢になりやすくなります。

予防策としては、深呼吸などリラックス出来ることをし、気持ちを落ち着かせることが必要です。

水下痢が止まらない場合考えられる病気は?

 

先ほど挙げた原因以外にも水下痢が止まらなくなってしまうことがあります。

それは何らかの病気が考えられるということです。

水下痢になってしまう病気には次のようなことが挙げられます。

・過敏性腸症候群

・クローン病/潰瘍性大腸炎

・大腸がん

・バセドウ病

 

過敏性腸症候群

ストレスが原因となる病気です。

上記でも挙げた通り色々なストレスによって起こってしまいます。

しばらくすれば落ち着くこともありますが、酷い時には腹痛など症状が現れてしまいます。

ストレスだけで病院へ行こうとは考えないかもしれません。ですが、ストレスがかかりすぎると酷くなってしまう一方です。

なので、早めに病院へ受診し治療をしてもらうといいです。

 

クローン病/潰瘍性大腸炎

体の中の消化器官に腫瘍が出来てしまったり、ただれてしまったりと何らかの炎症を起こしてしまうことで症状を出してしまいます。

そのまま放置してしまうと、症状が進行してしまう可能性があるので早めに病院へ行くことをオススメします。

大腸がん

下痢と便秘を繰り返すのでお腹の調子が悪いと思いがちです。

「大腸がんかも…」と自分で自覚がしにくいのでなかなか病院で検査をしてもらおうとは思わないかもしれません。

ですが、そのままにしておくと命にかかわってしまいます。

がんは、遺伝性のモノもあるので親族の中にがんの人がいる場合には早めに病院へ受診しましょう。

バセドウ病

若い女性に多く見られることのあるバセドウ病。ホルモンバランスを崩し起こってしまいます。中には、男性もなることがあります。

甲状腺の病気なので、首が太くなったり目が飛び出してしまう感じになってしまいます。この他に、下痢や動悸、息切れなども起こりその結果として、

心疾患や脳疾患になってしまう可能性もあります。

上半身の病気が何故下痢になってしまうのかというと、くずしたホルモンが新陳代謝を促す機能のため、そのホルモンが増えすぎてしまうことで、

腸の動きにも影響が出て活発になってしまうため下痢が続いてしまうのです。

難病なので、治療して治るまでには時間がかかりますが、早めに治療を始めれば症状が軽くて済んだり辛い症状に悩まされたりすることはほとんどありません。

スポンサードリンク

水下痢の時の食事のおすすめは?

 

水下痢の時には、脱水症状になりやすかったり、普段通りの食事をし更にお腹を痛めてしまったり、

食べても出すだけだからと食べることを我慢してしまうことがあります。また、お腹の痛みがある水下痢だけではなく、

痛みがないのに水下痢になってしまったということもあります。

そのままにしておくと、弱っている腸に更にダメージを与えてしまうことになってしまいます。どんな状態でも、

水下痢が出るということは腸が弱っている時です。そのような時には、普段通りの食事をして負担をかけず、

消化のいい食事をし負担をかけないようにしましょう。

消化のいい食べ物を紹介します。

・うどん

・おかゆ

・脂身の少ないお肉(鶏)

まずは食事を見直し、お腹にいい物を食べて様子を見てみましょう。

最後に

紹介したように、水下痢といっても色々な原因や考えられる病気があります。

そして、食事や日常生活を変えたりすると治る水下痢から何をしても、なかなか治らないという水下痢があります。

このように、何日も水下痢が続き、体調不良がみられる場合には早めに病院へ受診し、治療をしてもらいましょう。

そのうち治ると簡単に考えずに、症状が辛い時には、早めに対処することが必要です。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ