とびひは大人にもうつるの?治療しないで仕事に行くと同僚にも感染する?

「とびひ」は、実は大人も感染します。子供だけではありません

なぜなら「とびひ」は誰もが持っている菌によって発症する病気です。その菌は体に常在している菌で、

増殖によって「とびひ」が発症するのです。だから大人・子供にかかわらず罹ってしまう感染症なんです。

 

「とびひ」は正式名を「伝染性膿痂疹」(でんせんせいのうかしん)という皮膚病です。

「とびひ」は、細菌が皮膚に感染して発症する病気です。

 

「とびひ」を発症した人が、痒さのため掻きむしった手で、他の人に触れると触れられた人には、「とびひ」がうつる可能性があります。

 

うつされた人は感染して、あっという間に水ぶくれが全身に広がってしまいます。

火事の時、火の粉が飛び散って延焼するのと似ているため、「とびひ」と呼ばれるようになりました。

スポンサードリンク

「とびひ」には2つの種類がある!

 

痂皮性膿痂疹

赤く腫れたところに膿疱ができ、びらんとなってそこはカサブタになります。

原因は溶連菌の一種でA群β溶血性連鎖球菌が、アトピー性皮膚炎などに合併して、急速に発症するのです。

膿疱は赤いかさぶたになって、痒みだけではなく炎症や発熱を伴うことがあります。感染力が強いため、家族にもうつるのです。

 

水疱性膿痂疹

あせもや蚊に噛まれて痒いため、皮膚を引っ掻いた傷に、黄色ブドウ球菌という在住菌が増殖することで起こります。

症状は小さな水ぶくれができ、痒みを伴うため掻きむしると他の人へも感染してしまいます。家族にもうつるので注意しましょう。

 

「とびひ」の原因となる細菌は次の2種類が考えられます。

 黄色ブドウ球菌

この菌は健康な人の鼻の穴や耳の穴、喉や皮膚に常にいる菌です。この菌が皮膚の小さな傷から侵入して、増殖するときに毒素を出します。この毒素が「とびひ」の原因になるのです。

化膿レンサ球菌

この菌も健康な人の鼻やのど、消化管や皮膚に常住している菌です。傷口から皮膚に入り込むと「とびひ」の原因になります。

 

大人は「とびひ」に気付かない人があります。「とびひ」は子供の病気という認識が強く、

夏に発症するのものだという間違った認識をする人が多いためです。

 

そのため大人が感染しても、まさか「とびひ」という認識がしにくいため、感染が広がってしまうことが多くあるのです。

 

「とびひ」に罹ると会社は休まないといけないの?

 

学校伝染病と出席停止に関する項目を調べると、医師会の見解では「とびひ」は

通常出席停止の措置は必要なしと考えられる疾患となっていました。

 

この考えからすると、大人も同じで、仕事を休まねばならないということではなさそうです。

大人も子供も症状がひどくならないうちに専門医で治療してもらいましょう。

医師のアドバイスをもとに会社の上司にも相談し、第三者にうつることを避ける手段を取ったうえで、仕事に出てもいいと思われます。

 

上司には「とびひ」に感染したことを報告し、相談することは社会人として最低限のたしなみと思います。

 

大人が「とびひ」に感染する原因は、仕事や疲れなどストレスによって免疫が低下した時に発症する可能性が高いようです。

こんな時に虫刺されやあせもなどで掻きむしらないように注意が必要です。

 

症状がひどい場合はすぐ病院で治療を受けましょう。

スポンサードリンク

「とびひ」は初期段階では自宅で治療も可能なの?

 

自宅でも可能だとおもいます。

症状の広がらないよう上記の軟膏を塗り、患部を触らないようにすること。

痒くても患部を掻くことは厳禁です。

患部をガーゼなどで覆って、広がりを防ぐのも効果的です。

 

自宅での治療で治らない時は、迷わず専門医の診察を受けましょう。

 

「とびひ」の治療期間はどのくらい?

 

平均1週間程度と言われています。

適切な治療を行えば、3~5日で完治することも可能なようです。

 

まず病院の皮膚科で受診すること。

病院での処方薬は「リンデロンvg軟膏」「ゲンタシン軟膏」が処方されるでしょう。

これらは大変よく効く薬ですが、市販されていないため、医師の処方箋が必要になります。

自宅治療ではこれらの軟膏は手に入りません。やはり専門医に診てもらうのがいいのかもしれません。

 

「とびひ」の原因菌は高温多湿の環境が好きです。

 

夏場など汗で皮膚が湿っていると、「とびひ」の菌は活発に活動します。腫れもひどくなってしまいます。

汗をかいたら下着を取り替えたり、シャワーを浴びて清潔にしてください。

 

「とびひ」を広げないために爪を短く切りましょう

 

爪が長いと知らぬ間に皮膚に傷をつけてしまいがちです。水ぶくれが破れるとそこにたまっている膿や、

汁が指先に付き、他の場所に触れると「とびひ」を広げてしまう可能性があります。

 

子供は保育園やプールで「とびひ」に感染することもあります。完全に治癒するまではプールに入ることは禁じられています。

日本臨床皮膚科医会・日本小児皮膚科学会が、統一見解を出し、プールに入ることを禁止しています。

 

お勤めの社会人なら、会社の同僚などにうつる恐れがあるならば、思い切って会社を休んで治療に専念するほうがいいような気もします。

 

是非大人の判断をしていただきたいと思います。

 

 




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ