おたふく風邪の大人の症状と治療期間は?予防接種はしたほうがいい?

おたふく風邪って子供の頃になってしまうイメージが強いですよね。

でも子供の頃になっておかないと、体の中に抗体ができなくて、もし成人してから初めて

おたふく風邪になったら、かなーりしんどいっ!!というのは本当でしょうか?

スポンサードリンク

おたふく風邪は大人と子供で違うのかな? 予防接種は必要ですか?

 

おたふく風邪というのはムンプスウイルスが原因で引き起こされる病気です。

おたふく風邪は風邪の症状に似ているので

大人になると「おたふく風邪」であると気付かない人が多いです。

少し体調を崩した後に熱や頭痛、特徴である耳の下が腫れだして、初めて「コレっておたふく風邪?」と気づく人がほとんど。

 

その原因は子供の頃と同じ症状でも「おたふく風邪は子供がかかる病気」という認識があるからです。

そんなことはありません、大人だって十分患う可能性があります。

 

そして、このおたふく風邪は大人になって発症するほど重症化するケースが多いです。

それは何故かと言うと、大人の場合子供よりもウイルスに対抗しようとする力が強く働くからです。

子供よりも高熱が出ることが多く、炎症もひどくなりやすい。

また休む時間というものも、子供の時とは違い取りづらく、それが引き金になって合併症を起こす可能性が高くなります。

 

子供の頃におはふく風邪を発症していると、二回目なので抗体ができており、そこまで症状が辛くありません。

子供の頃におたふく風邪を発症していない人が、そういったリスクが高いとされます。

 

おたふく風邪は軽度なら心配する必要はありませんが、重度になると難聴を患ってしまうとても危ない病気でもあります。

不安な人は一度予防接種を受けたほうが安心できるでしょう。

子どもからう感染して、保護者が重症になることも珍しくなく、

おたふくかぜワクチンは1歳以上であれば大人も含めて誰でも受けることができるので最寄りの病院に相談しましょう。

 

実はおたふくかぜに有効な治療薬はないようなので。安静にしてはれているところを冷まし、

痛み止めを使って5日から14日ほどかかって治っていくしかないようですね。

スポンサードリンク

 

おたふく風邪の怖いトコロって??

 

おたふく風邪は軽度なものが多いですが、その発症部位が脳の近くであるということもあり、

髄膜炎・髄膜脳炎が伴うことがあります。これらは後遺症なく回復する事が多いです。15,000分の1の確率で、死亡に発展します。

思春期以降の男性では、約20-40%に睾丸炎を患うことがあります。 まれには、不妊の原因にもなり侮れない病気ですね。

 

おとなになっておたふく風邪になったら仕事はどうするの?

 

成人してからのおたふく風邪も周りに感染する可能性があるので、発覚したのに仕事場へ行くのは無責任です。

仕事場の人が皆一度はおたふく風邪を発症していて、免疫が在るということが確定していればいいですが、実際のトコロ

全員に確認するのは不可能です。また、二次感染で同僚のご家族などに、写った日には大変です。

おたふく風邪が原因で、男性女性共に不妊症を患う可能性もあります。

仕事が溜まっていて不安かもしれませんが、会社に行ったことで、同僚などが全員感染してしまって誰も責任が取れない状態になります。

そうなるのを防ぐために、落ち着くまで安静にしていることが、一番の配慮になります。

 

おたふく風邪になる前に

もし、今までおたふく風邪になったことがないとしたら、一度は予防接種を受けたほうがいいでしょう。

おたふく風邪は子供が感染しやすいですが、大人が感染しないわけでもありません。自分の体調管理と、

体調を崩した時の配慮は今のうちに考えておくと、いざという時に対処もし安くなります。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ