コンビニで収入印紙が販売されてるようなので金額の種類をしらべた!

皆さん、「収入印紙」というものを知っていますか?

私は学生時代コンビニでバイトをしていた時に「収入印紙」が変わらなかったので

それを求めて来店してきたお客様に「ありません」とドヤ顔で言ってしまったことがあります。

ちゃんとそのコンビニでも販売されていたので、無知というものは怖いですね。

コンビニでは収入印紙はどれくらいの額のものまで、置いてあるのでしょうか?

スポンサードリンク

コンビニ在る収入印紙の金額は?そもそも収入印紙って?

 

ローソン、セブン-イレブン、ファミリーマート、ミニストップ。身近にある、どこのコンビニでも200円の価格である収入印紙は売っています。

 

収入印紙とは税金や手数料などの徴収のために、財務省が発行する証票です。

日本においては略して印紙と呼ばれる場合が多いです。ほかに市役所などに申請する際の手数料として、これをその申請書に貼って提出しその支払い済みであることの証明します。

 

領収書に収入印紙を貼り付ける必要がある受け取り金額は5万円以上なにります。

平成26年4月1日より前は金額が3万円未満の場合に非課税となっていました。印紙税法・租税特別措置法の一部が改正され、

受け取り金額が5万円未満の場合には「非課税」として扱われます。 現在では受け取り金額が5万円未満の領収書には収入印紙を貼る必要はありません。

 

私のコンビニ時代は3万円の時代だったので、なにかしらの料金の支払い時に収入印紙を求めて購入する人が多かったです。

今は5万以上、になっていますので、コンビニで収入印紙を購入する人は前より減っているようです。

 

収入印紙を貼る金額は金額によって変わりますが、現在の規定は以下のようなかんじです。

 

5万未満 →→→→→ 非課税

■100万以下 →→→→→ 200円

■100万を超え200万円以下 →→→→ 400円

■200万を超え300万円以下 →→→→ 600円

■300万を超え500万円以下 →→→→ 1000円

■500万を超え1千万円以下 →→→→ 2000円

■1000万を超え2000万円以下 →→→→ 4000千円

■2000万を超え3000万円以下 →→→→  6000円

■3000万を超え5000万円以下 →→→→ 1万円

■5000万を超え1億円以下 →→→→ 2万円

 

■1億を超え2億円以下 →→→→ 4万円

■2億を超え3億円以下 →→→→ 6万円

■3億を超え4億円以下 →→→→ 10万円

■5億を超え10億円以下 →→→→ 15万円

■10億を超える →→→→ 20万円

 

もう、億単位に行ってしまうと、一般のひとには関係ない話に思えてきますね。

コンビニで売られている金額は、200円が主です。400円の収入印紙になると、店舗に相談になりますね。

スポンサードリンク

収入印紙はコンビニ店員さんが勝手に貼ってくれるばあいもある

 

収入印紙は、コンビニで支払うときにコンビニ側がレジの内容にそって、貼ってくれることもあります。

税金云々がわからない方でも、支払うときに収入印紙代が課金されて支払い、そのあとは店員さんが貼ってくれて

領収書と一種に渡されます。

 

収入印紙を貼る必要がある書類ってなんだ?

 

税と言ってもどんな税に貼らなければいけないのか、わかりませんよね。

 

1,不動産の譲渡に関する契約書

2、商品代金の支払いなどの手形

3、会社を設立するときの原始定款

4、業務委託契約書

5、商品販売代金の受取書(領収書)

 

普通の人に関係ありそうなのは5番ですね。こうやってみると収入印紙の使い方はとても身近です。

 

学生ときはわかりませんでしたが、社会人になると収入印紙をみる機会も増えました。税金に付随するものなので

ちゃんと調べておいたほうが、なにかしらの経理で付き合った時に役に立つ情報です。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ