コンビニではがきは何種類が販売されている?往復や官製はもちろんある?

夏も近づいてくると、恒例行事の季節になって参りましたね!そう、暑中見舞いです。

最近の若い人にはすっかり忘れられているような存在の暑中見舞いですが、

未だに夏限定のハガキが郵便局では売られています。

そういえば、ハガキはコンビニなどの身近なところでも、売られているのでしょうか?

スポンサードリンク

コンビニでは何種類のハガキが販売されているのかな?

 

どこのコンビニでも確実に入手できるのは、片道の「官製はがき 52円」です。

これはセブン-イレブンやローソン、ファミリーマート、ミニストップ、全てのコンビニでほほ置いてあることが確定です。

季節ものである「暑中見舞い」「お正月用」のハガキも郵便局から仕入れています。

 

ハガキの種類としてはこちら

・普通の官製はがき

・暑中見舞いはがき

・年賀状

 

この三つは、ほぼどこのコンビニでも置いてあるでしょう。もちろん、インクジェット用とそうでないものも販売されます。

ただしこれらは、そのシーズンにならないと発行されず、郵便局よりも早くコンビニに並ぶことはありません。

 

「往復はがき」に関しては、コンビニの店長の判断次第であるので、置いていないコンビニもあると思います。

私がバイトをしていた某コンビニでは置いていなかったので、安易に「ある」と思ってコンビニに行くのは禁物です。

 

地域性もあるので、最終的には店舗に行って確認を行わなければなりませんが、

「◯○用のハガキは置いてありますか?」と聞けば、店員さんが答えてくれると思います。

 

「ある」という返事を頂いたら、その場で購入することができます。

スポンサードリンク

 

各種のハガキが発売される期間は?

 

季節性の在るハガキが大体いつから販売されるかご存知ですか?コンビニの店頭に並ぶのは大体いつくらいでしょうか。

 

暑中見舞いに関して、夏の土用から立秋の前日(8月7日) になり、2015年は7月20日~8月7日です。

8月7日以降は全て「残暑見舞い」に変化します。残暑見舞いの器官は8月8日から8月31日までです。

 

コンビニでの販売は大体6月上旬からですね。暑中見舞い専用の郵便器官である「かもめーる」は

2015年6月1日(日)から8月18日(火)までです。

 

ちなみに2016年の年賀はがきは10月30日木曜日からの発売になり、各コンビニでも売られています。

 

喪中はがきはコンビニで売ってあるの?

 

人が突然お亡くなりになった時に、必要なものの一つが「喪中はがき」ですね。

喪中はがきもコンビニでもどこでも売ってあるものの一つです。家電量販店、文房具店や食品がメインの大型スーパーでも

レジ横などにおいてあることがあります。

パソコンを使える状態なら、年賀状作成のCD-ROMつき雑誌にも、

喪中欠礼のものが入っているので、以外に身近に販売されているものです。

50円の慶弔用切手の喪中用は、流水に葦という紺と黄色の配色のもので、これは郵便局の店頭で購入できます。

コンビニは在るかどうかが、賭けになるので素直に郵便局で購入したほうがいいかもしれませんね。

 

確実に売ってあるものを覗いては、コンビニに並ぶものはその店のオーナーや店長さんの采配で決まります。

地域によりハガキや切手を取り扱う人が少ない場合は、そのコンビニにお目当てのハガキなどは置いていないかもしれません。

どうしても「そのコンビニに置いておいてほしいなぁ」と思う方は、バイトの人にでもいいので、

「◯○を取り寄せてもらえませんか?」と伝えてみましょう。

その場でお金を払ったら、取り置きもしてくれるのがコンビニの便利なところです。

 

 




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ