寝る前に牛乳を飲むのは太る原因や虫歯の原因なの?

眠る前のリラックスタイムに、温めたミルクにはちみつを、ちょこっと入れて飲むと

すごくほっこりして癒やされる気分になりますよね。

最近、「寝る前に飲む牛乳は太る」という噂を耳にしたのですが、このまま飲み続けても

私大丈夫!?

スポンサードリンク

就寝前の牛乳は脂肪を増やすの!? 虫歯にもなるって本当?

 

牛乳自体に脂肪を増やす能力はありません。寝る前に飲むことで、寝ている間にエネルギーを溜め込みますが

牛乳一杯程度であれば、寝る前に毎日飲み続けたからといって太ることはありません。

寝る前の牛乳よりも、寝る前の夜食のほうが、ずっと太る要因になるでしょう。

 

では、寝る前に飲んでしまうと虫歯になる!というのはどうでしょうか?

牛乳に含まれる成分の中には乳糖という糖質成分があります。乳糖というのは他にある糖と違い、

口の中が残生になりにくい状態を作る性質があります。

 

これだけみると「あ、牛乳飲んでも大丈夫なんだ!と思いますが、

よる寝る前に牛乳を飲むと口の中に乳糖が残ってしまいます。眠っている状態だとミュータンス菌という虫歯の原因菌を作るきっかけになるのです。

 

夜寝る前に牛乳を飲み、そのままの状態で眠ってしまうと、口内は乾燥し、乳糖が残ったままになってしまいます。

就寝時は口内の働きも悪くなってしまうため、ミュータンス菌が酸を作り出し、虫歯の原因になると言えるでしょう。

 

このことから、牛乳を寝る前に飲むことはあまり良くないとされています。研究者により意見は違いますが

「牛乳は朝飲んだほうがいい」という意見もあるくらいです。

 

しかし牛乳を飲んだあとに歯磨きをするならまた話は別です。

牛乳やホットミルクを飲んでもその後に歯を磨いて口内を綺麗にしてしまえば牛乳を飲んでも問題ありませんし、

虫歯になることもないです。就寝前に牛乳を飲む習慣がある人は、その後の歯磨きも徹底しましょう。

 

寝る前のホットミルクのリラックス効果ってどんなもの

 

寝る前のホットミルクにはリラックス効果がありますが、実際にどんなものでしょうか?

 

1、胃の空腹感を満たしてくれる

ホットミルクは胃に負担が少なく、空腹感を満たしてくれる効果があります。人は空腹状態だと

なかなか寝付けないものです。でも固形物を食べるのは太ってしまうし、胃にも負担がかかりますね。

そんな時にホットミルクなら胃に負担をかけずに、空腹感も満たされます。

 

2,眠りへと誘う効果

温かいミルクが胃腸に届いた際、体温を中からじんわり上げる効果があります。上がったあとは徐々に下がってゆくものですね。

人は体温がさがるときに眠気が襲ってくるので、寝る前のホットミルクは眠りへと誘う効果が期待できるのです。

スポンサードリンク

 

牛乳はダイエットに効果があるのか?

 

最近「糖質制限ダイエット」というダイエットが流行っていますね。牛乳には脂質は含まれますが、糖質はあまり含まれません。

炭水化物を抜いてしまうと、ご飯が大好きな日本人はどうしても「空腹感」を覚えるもの。空腹感は結構つらいものですよね、

胃に優しく満腹感を刺激してくれる牛乳は糖質制限ダイエットの強い味方でもあります。

 

 

牛乳は正しく飲みましょう、飲み過ぎにも注意

牛乳は1日1,2杯程度なら、健康にもよく胃にも優しい飲み物です。ただ、牛乳系は戦後に入ってきた

輸入物なので日本人の胃はまだその消化に慣れていない部分もあり、お腹を下しやすい飲み物でもあります。

ダイエットだから、など理由をつけて無理矢理飲むというのは言語道断です。自分のリラックスが牛乳で壊れるのであれば、飲むべきではありません。

自分の体と相談して飲むことで、健康効果をアップしましょう!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ