にんにくを食べ過ぎたらでる症状は下痢や腹痛だけ?臭いもヤバイよ!

すっごいスキッとぎゃーキライ!!と反応が分かれやすい食材の1つ「にんにく」。

料理に使うとすごく芳ばしい香りで、食欲を注いでくれますが、

何がダメかって言うと口臭として残ってしまうあの匂いですよね。女性の人は特にエチケットもあって口の中の臭いに敏感だと思います。

ニオイもさることながら、食べ過ぎてしまうと色々不調を訴えてしまうとか!? 健康食材と言われるにんにくの秘密に迫ります。

スポンサードリンク

 

にんにくって健康によいのは本当? だってお腹下したり痛かったりするんだよ…

 

にんにくを食べ過ぎてしまうと、下痢や腹痛が出てしまうのは本当です。

ニンニクには玉ねぎやらっきょうなどは、なにもしなければ「臭い」しないのです。切ったりすり潰したりすることで

独特な刺激臭や辛みになってしまう「アリシン」という成分が生み出されます。

 

匂いはにんにくの嫌われどころでもありますが、気持ちを落ち着かせて眠りを誘う効果があります。

疲れを回復してくれたり、腸や胃の働きを活発にしてくれるのですが、胃酸を多く出す性質も在るために、

胃弱体質の人に対して例え少量であっても、胃痛を引き起こす可能性もあります。

 

そして、食べ過ぎると、これらの効果が倍増され、腸内の悪玉菌を減らしてくれる効果が、

食べ過ぎると善玉菌まで減らしてしにかかるのです。

 

一日のニンニクを食べてもいい量は成人でも「一片」くらいです。相性が良くて胃が強い方なら、もっと食べでも大丈夫ですが。

ニンニクを食べ過ぎてしまうと、胃が大丈夫でも、その臭いが消えるまでに「2日」かかると言われています。

 

2日間もにんにくの臭いが取れないなんて、エチケット的に焦りますよね。

 

対策としては、もともと食べ過ぎないことが一番です。でもガーリックベースの肉料理なんて、一欠片以上入っていると思いますよね。

そんなときには消臭効果を発揮する「パセリ」や「りんご」を一緒に食べるといいです。

これらは匂いを消してくれる食材として代表的に人気です。どこの飲食店でも扱っています。

 

もし胃痛が出てくると懸念するなら「大根おろし」が掛かったハンバークなどにすると、

「大根」が消化を助けてくれるので、にんにくの効果も薄れます。

 

スポンサードリンク

にんにくを食べて、頭痛がする人はこんな効果が出すぎているんです

 

にんにくを食べて胃痛ではなく頭痛がするという人もいます。にんにくには血液の血流を良くする働きもあって、

食べ過ぎてしまうことで血圧が上昇して、血管が拡大。拡大した血管は神経に触ってしまうことで頭痛を引き起こします。

また赤血球を壊してしまうこともあります。このようなときは、脳への酸素不足が起こり、頭痛を引き起こしてしまうのです。

 

あまりにも頻繁に体への異常が出る人は、にんにくアレルギーの可能性がありますので、病院へいって診察してもらいましょう。

 

 

にんにくの臭いの残らない美味しい食べ方!

 

それはニオイが飛んでしまうほど、コトコト煮込んでしまうことです。もちろん、

食卓に並ぶときの香ばしい香りは拭いきれません。しかし、コトコト煮込んでしまうと、

胃の中に納めたあとの口臭がほとんどなくなります。

とあるサプリメントでは48時間、煮込んで作っているにんにく卵黄も在るくらいなので、これは確実。

 

 

にんにくは食べ過ぎなければ、エジブトでも人気だった健康食材

 

匂いが嫌厭されるにんにくですが、エジプトのピラミッド制作にも、裏で人々の元気をさせていた食材として知られています。

適度な量を摂取することで、血液もサラサラになって、疲れも取れやすくなるので、私は進んで取ることをオススメしたいです。

健康になれる食材とは上手に付き合って行きたいですよね。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ