口笛が夜ダメな理由は?蛇や蜘蛛も出てくるって聞いたのだが・・・

日本には口笛にまつわる、戒めのような言い伝えがチラホラあります。

例としては。

・夜口笛を吹くと蛇がやってくる。

・夜に口笛を吹くと天狗にさらわれる。

・夜口笛をふくと人さらいがくる。

・夜口笛をふくと泥棒がくる。

などですね。

蛇や蜘蛛がやってくるからダメだ、と言われるのは何故でしょうか?そしてこれは本当なの??

スポンサードリンク

口笛を夜吹いてはダメな理由は?本当に蛇や蜘蛛がやってくるの?

 

口笛を夜吹いてはいけない理由を世間では「ヘビ」が来るから、といいますよね。

 

ヘビという漢字は「蛇」と書くので「じゃ」とも読むことができます。

 

「じゃ」=「邪」

 

昔の「邪」は霊的なものではなく、泥棒などを指していたのです。

夜口笛を吹いたらヘビがくるといういいつては、夜口笛を吹いたら泥棒がやってくるという迷信に基づくものです。

 

このように「縁起が悪い」という理由で、「夜に口笛を吹いてはいけない」ということにつながっています。

本当に口笛を吹いたからといって爬虫類の蛇がやってきたりはしません。

 

その実、この「迷信」心意は「子供への道徳教育」とも言われています。。

 

口笛と言うのは、誰にでも出来る、もしくは努力すれば出来る、歌のようなものですが

昔ながらの静寂の中に響く口笛は、不快に思う人からすればうるさい騒音以外なにものでもありません。

大げさに言えば、昔の口笛を吹く行為は、大声で下手糞な歌を、恥ずかしげもなく行っているのと同等の意味を持つのです。

人に迷惑をかけてはいけない、という日本の強い道徳心はこんなところにも出ているんですね。

 

似たような迷信「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」

 

口笛と似たような迷信の一つに「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」というものがあります。

こちらも昔の爪切りは今のように、安全なものではなく、刀や文字通りの刃物を使っていたことが起因しています。

現代のようにギラギラとした照明もない、小さなロウソクの灯火も在るかどうかも不確かな時代です。

真っ暗闇で刃物を持って爪を切るためとはいえ、足をいじっていたら間違って自分を刺して死んでしまうかもしれません。

もしくは、それにより亡くなってしまった事件があったのでしょう。

 

親の死に目に会えないというには「自分が先に死んでしまうということ」だったのです。

 

昔版の「刃物をは使うときには注意して」という格言が、今の時代にも言葉として残っているんですね。

 

スポンサードリンク

 

番外 口笛を上手に吹くにはどうすればいいのか!

 

不快に思われない口笛を吹けるようになるには、楽器と同じように鍛錬が必要です。

まずはドレミファソラシドを、口笛でふけることから始めましょう。音を高くしたいときには舌を歯を近づけ、低くしたいときには舌をひっこめるようにして調節します。

もちろん、訓練するときは周りに人がいないかを確かめたり、防音措置をしてください。不安定な音ほど不快に思う人も多いのです。

 

楽器の演奏者だって、自分の出す音が周囲に不快に思う人もいるということを知っての部屋づくりなどをしているから、見習いましょう。

 

口笛は吹いていいけど、防音措置はとったら夜でも吹いていいかも!

 

何よりも人様の心情を伺うのが日本人の特徴でもあります。時代が流れても自分の出す音一つにも気を配ることが出来てこそ

立派なのかもしれません。口笛は人のため、爪切りは自分のためと、様々な派生からきて今現代に届いています。

江戸時代の人から見たら、こんなに長く使われるとは思っていなかったでしょうね。

 

こんな今ではよく分からない言い伝えになっても、紐解いてみれば面白い発見があって「言い伝え」ってとても面白いですね。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ