靴を夜におろすのダメなのは迷信?じゃ新品はいつおろせばいいの?

小さい頃、新品の靴を買った時、はしゃいで夜に遊び半分でそのまま履こうとしたことはありませんか?

そしたらお母さんに「お昼間に新しい靴を出してはダメ! 明日しなさい!」と怒られたことはありませんか?

子供ながらに「なんで?」と聞いても「縁起が悪いから」としか答えてもらえませんでした。

実際どういう理由でそういう迷信か言い伝えが出てきたのでしょうか?

スポンサードリンク

夜に靴をおろすのはなぜいけないの? 新品を下ろすのはいつ?

 

夜に靴を下ろすのはいけないので、午前中に下ろすのがいい!と言われていますね。

個人差はありますが12時以降はの午後はいけないようです。

夜に靴を下ろすことが行けないというのは、ちゃんとした言い伝えではありません。

 

『夜に新品の履物を履き、玄関から出ると”死ぬ”』というらしいです

 

これが「夜に靴をおろしてはいけない」の起源です。この迷信の根本の理由はいくつかあります。

 

 

この言い伝えには昔の風習が隠されています。もともとこの言い伝えの元になる「靴」というのは「高級品の靴」にあたります。

このような高級品を出す時といえば、冠婚葬祭の時と決まっていたのです。そして、夜に新品の靴をおろす時というのは

「お通夜の時」です。

つまり新品の靴を夜におろすときは誰かが死んだとき、というわけですね。

お葬式関係であれば昔は新しい履物を履かせて夜玄関から出すのは死人だけである!という常識だったので

そのまま夜に履いて玄関から出ると「死を呼んでしまう」などもあります。

 

また、靴に限ったことではなく新品の物はまず最初に神様へお供えするものでした。

神棚の灯火を消したあとの夜に新しいものを使用するとバチが当たる、という考え方もあるのです。

 

江戸時代あたりの風習がそのまま受け継げれていて、こうした理由を知らないお母さん世代が風習だけ身につけたというのが

現代の実情です。今は神棚をお供えしているところも少ないですし、関係ない人には関係ないのかもしれません。

 

でも新しいものは朝日とともに、使ってあげたほうが気持ちいいですね。
 

スポンサードリンク

 

もしも子供が新しい靴のまま玄関に出てしまったら!対処法

 

もしも急用で新品靴を使わないといけなかったり、そんなことをしらない子供が新しい靴で玄関にでてた…なんてこともあるでしょう。

江戸時代であっても、そうゆう急な用事はありました。そんなときの対処法は「事前に靴を汚すこと」です。

昔で言うと、靴の裏を火で炙ったり、墨を靴裏に塗ったりして似非中古品にしていました。

言い伝えや縁起が気になって仕方がない、という人はこうゆう対処を覚えておくと便利でしょう。

 

 

夜にまつわる言い伝えは結構あります

夜にまつわる言い伝えは結構ありますよね。

「夜に口笛を吹くと天狗にさらわれる」「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」「夜、洗濯物を干すと縁起が悪い」などなど。

夜に関する縁起が悪いとされる言い伝えは、冠婚葬祭が関わるものが多いです。

最終的に「死ぬこと」に帰結するため、今でも「こうしてはいけない」だけが伝わってしまっているんですね。

死や縁起ことを重んじる日本人の特性が出ているように感じます。

 

 

縁起は大事にしたほうがいいい?

信じない人は特に気にすることはないのかもしれませんが、脈々と受け継がれてきた言い伝えにはもしかしたら私たちの知らない裏があるかもしれません。

縁起というのはやっていて損することでもありませんし、世間体でいえば「キッチリしている」と捉えられることも多いでしょう。

特に「死」が浮かび上がるものであれば、自分事だけではないので、縁起や言い伝えは馬鹿にせず大事に扱った方がいいのです。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ