お守りの処分の仕方や返却の仕方!厄除けや安産のも調べた!

日本の風習の一つである「御札」や「お守り」。安産祈願や厄祓いなど年末年始に購入したり、

恋愛成就のために、入学試験合格のための神頼みとして今も根強く息づいています。

でもお守りというものは一体いつまで持っていていいのか、捨てる際の処分など知っていますか?

スポンサードリンク

 

去年買ったお守りを処分したけどどうすればいいか、わからない!

 

自分の持っているお守り、もう古いから処分したいけどどうやって処分しよう?

神社に持っていくってゆうけど??

という方へ処分の仕方をご紹介!

 

古い御札は基本”神社へお返しすること”が前提としてあります。

できるなら購入した神社へお返しするのがいいのですが

遠方で購入した場合や忙しい時などは、近場の神社に在る「古札奉納所」へ返納して下さい。

 

お守りというのは「神社」でも「お寺」でも買うことが出来ますが、「神社でかったものは神社へ返納」

「お寺で買ったものはお寺へ返納」しないといけません。

 

御札もお守りも神様や仏様の念が込められているとされており、神様が込めたものを仏のお寺に返すこと、

逆に仏が込めたものを神様の神社へ返すことはマナー違反にあたります。

 

お守りを返却する目安は「一年間」になります。もちろん大事にしたい人は一年以上持っていても大丈夫です。

ただいつ手を離したほうがいいのか、わからない方は一年が目安ですね。年末年始に購入したものを一年経って、

また新しい御札を購入した時に「お返しする」というかたちですね。

 

安産祈願や七五三、厄祓いなど多種多様の御札やお守りがありますが、基本的に神社やお寺にお返しすることは変わりません。

もし言った先の神社に「古札奉納所」がない場合、巫女さんや神主さんに声をかけると受け取ってくれる場合もあります。

 

神社やお寺に人たちは基本優しいので声をかけても大丈夫ですよ。

スポンサードリンク

どうしても元の神社に返納したい人は「郵送」という手もあります!

 

信心深い人などは「どうしても元の神社に戻したいの!」と言われる人も少なくないでしょう。

現代は便利になりました、大きな神社や神宮であれば、御札の返納を「郵送」でも承ってくれるところもあります。

例えば伊勢神宮などは郵送などで「古札」を受け付けてくれるのです。世の中便利になったものですね。

足を運ばなくても返納ができるのは、とても有り難いことです。

 

 

番外編!家に盛る“盛り塩“の処分方法!

 

御札の返納方法をここまで気にかけてくれる人は、もしかしたら家の玄関に盛り塩もしていませんか?

盛り塩の処分の方法としては、庭に撒いてしまうこと!というのが通説ですが、アパートやマンションの人は庭なんてありませんし

道路に出てもコンクリート…そんな方は「玄関に撒いて水拭き」してもよいでしょう。

 

NG行為としては、そのまま流しやトイレに流してしまうことや、捨ててしまうこと。

衛生的にもダメですが、そのまま食用として使うのはもってのほかです。

 

捨てるときに大事なことは、何よりも「感謝の気持ちを伝えること」です。

 

邪気や邪念を吸い取ってくれていますから、御札と同じで知らないところで助けてもらってるかもしれません。

 

お返しするときには感謝の気持ちも一緒にお返し!

何よりも重要なのは「感謝」です。ぬいぐるみでも御札でも、不要になった時は必ず「感謝を伝えるよう」言われています。

人が人である心をなくさないために「感謝」と笑顔が大事ということは、たくさんの本でも言われています。

 

でも神様に感謝したから、身内や友達に感謝しなくて大丈夫!とか思わないでくださいね。人間は神様の分け御霊を持っているので

神様に感謝の気持を伝えるように周りの人にも伝えていくことが大事な心配りです。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ