お菓子食べ過ぎは病気の原因?どんな影響を体に及ぼすのか?

ポテチにきのこの山、たけのこの里、パイに、生クリーム、ペンシルカルパスにクッキー、ビスケット!

嗚呼世の中にはすっごくおいしい、食べて幸せなお菓子がいっぱい!童話の中のお菓子の家を実際作れそうでワクワクする!!

でも、これらのお菓子って砂糖だけじゃなくて添加物もふんだんに入ってそうだけど、ついつい食べ過ぎる…食べ続けたら病気になるのかな?

スポンサードリンク

 

お菓子の食べ過ぎで、やっぱり病気になるの?

 

お菓子の食べ過ぎで、病気になるのかどうかというところですが、病気になります。

それはもう、毎日時間もまばらに砂糖をふんだんに使ったお菓子を食べ過ぎていたら、

いつのまにか自覚のない内にカラダがおかしくなって、生活習慣病の「糖尿病」になるでしょう。

 

コンビニやスーパーに売っているお菓子は、基本的に甘いモノです。砂糖プラス炭水化物のダブルコンボです。

炭水化物と甘い砂糖はすぐに吸収されてエネルギーになりますが、そのエネルギーの取り込み方が急激です。

基本的にお菓子はカロリーが高いので、血液中の糖分の値である血糖値が急上昇します。

 

血糖値が上がるとそれを抑えるためにインスリンが分泌されるのですが、

お菓子を食べ、食べづけるとこのインスリンの量が少なくなり、またはその働きが鈍化したりします。

鈍化するとカラダは他に血糖値を下げる術がありません。

体が慣れてしまったためにインスリンが出なくなり、血糖値が上がったままだと、

血管の壁を「糖」が傷つけるようになります。それが「糖尿病」なのです。

 

糖尿病と言ったら、大人の病気のように感じられるかもしれませんが、今は生活習慣病にも数えられていて、子どもや学生も場容器になる可能性があります。

 

糖尿病の可能性がある、症状はこちら。

 

・水も飲んでいないのにトイレへ頻繁に行くようになった

・水を飲んでも喉が乾く

・とくに圧迫もしていないのに、手足がしびれたりツッたりする

・お菓子を食べても太らない

 

こんな症状が自分にも当てはまるという方は、一度検診に行きましょう。

 

また食べ過ぎによる病気としては「過食症」や「拒食症」があります。

ストレスが原因でそれを解消するための行為なので

一概に食生活の見直しでは改善しません。とくに拒食症の人は「たくさん食べて吐いてしまう」症状があります。

自分の食べ方が異常であると思ったら、こちらの方は心療内科に行くことをオススメします。

 
 

スポンサードリンク

 
 

糖尿病や添加物…食べ過ぎをリセットする方法はあるのか?

 

ズバリ「運動すること」です。食べた分消費してしまえば、リセットになります。

散歩やランニング、縄跳び、腕立て伏せ、なんでもよいので運動してカロリーを消費しましょう。

 

また添加物でいえば、天然のビタミン群を食べたあとに大量に取り入れることで、添加物を流すことが出来きます。

フレッシュフルーツジュースなど人工的なビタミン剤ではないものを、お菓子を食べたあとに飲んでみましょう。

だだ、それなら最初からオーガニックなお菓子を食べたほうがいいかもしれませんね。

 

 

お菓子を食べ過ぎないためには!? 糖尿病にはなりたくない!!

 

糖尿病の予防方法としてあげられるのが、お菓子の選び方を変えること。

コンビニのではなくちょっと高めのオーガニックなどを選んでみるとよいですね。

もしくは「お菓子」の定義を「野菜」に変換してみましょう。

 

・キャロットケーキや本連想のシェークなどにして野菜をたくさん食べる

・不規則ではなく、食事は決まった時間にたべて、且つ時間をかけて食べる

・甘いものと油っぽいもは避ける

 

あとはお腹が膨らむ食材、こんにゃくなどの食物繊維豊富なものを最初から選んで食べることです。

 

お菓子を食べる人に共通する事項は「暇」というのもあるかもしれません。過食症や拒食症のひとは置いておくとして、

テレビを観ながらずーっと摘んでいるという人は、目の前のことに集中できていないということになります。

お菓子をそっちのけにしてでもやりたいことをみつけると、次第に良くなっていきますよ。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ