コンビニのゆうパックの受付時間やり方と料金まとめ!

昔は郵便局でしか扱っていなかった郵送業が、今はコンビニでも集荷を取り扱ってくれるようになりました。

メール便が廃止されてしまった今、コンビニで受付が可能の配送として有名なのは「ゆうパック」ですね。

コンビニはこのゆうパックを24時間受け付けてくれるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

コンビニのゆうパック 24時間受付可能?

2015年現在、「ゆうパック」を取り扱っている、コンビニは以下のストアになります。

■ローソン

■ミニストップ

■セイコーマート

■ローソンストア100

 

 

以上のコンビニの営業時間内であれば、受付はしてくれます。つまり、受付は24時間可能です。

ただし、あくまでも取次店ですので、実際の配送は、郵便局が営業している時間内に郵便局が集配します。

 

コンビニへ持っていくのと、直接、集配業務をしている郵便局に持っていくのとでは、時間差が発生するでしょう。

 

急ぐのであれば、集配業務をしている郵便局に営業時間内に荷物を持ち込むのが一番良いいことは

間違いない。

時間外でも時間外窓口で受付してくれる時間があるので、それぞれの集配をしている郵便局に問い合わせするのも一つの手ですね。

 

これは、他の宅配便業者に荷物の持っていく時も同じ事です。

取次店から荷物を出すよりも、集配センターに持ち込みする方が早いときがあります。

 

ゆうパックは地域ごとに料金が変わってきますので、公式ホームページでの確認が必要です

郵便局公式ホームページ

 

専用の箱も、小さいものは100円から取り扱っていますが、コンビニでも取り扱っているかどうかは

各店舗に問い合わせないといけません。

 

ゆうパックには「持込割引」というものがあり、コンビニにもそれは適用されます。

 

■持込割引……荷物をコンビニに持込みすると適用。           1個につき100円

■同一あて先割引……1年以内にゆうパックを差し出したあて先と同じ、あて先に出す場合に適用。     1個につき50円

■複数口割引 ……あて先が同じものを同時に2個以上出す場合適用。           1個につき50円

 

微々たるものかもしれませんが、持ち込むとオトクさが増すのは間違いないでしょう。

 

 

ゆうパックをコンビニで送る手順

 

  1. 自宅で荷物を梱包する

コンビニでの、ゆうパック専用の箱は置いていない場合がほとんど。箱がない場合は、あらかじめ梱包して持って行きましょう。

 

 

  1. コンビニにて、店員さんに伝票をもらい記入する

伝票はお願いすれば予めもらえるお店舗もありますけど、基本的には店内で記入します。

 

必要な情報は送り先の相手と自分の…

 

名前

住所(郵便番号含む)

電話番号

 

 

送り先相手の情報などは絶対に忘れずにメモして持っていきましょう。

中に何が入っているかを記入しますが、こちらは「雑品」とか「衣類」「本」など、

だいたいで大丈夫です。

 

  1. 重量とサイズを測ってもらって支払いをする

店員さんが荷物の重量とサイズを測ってくれて、これで料金が決まります。

 

 

  1. 伝票の控えをもらう

 

支払いが終わると、伝票の控えがもらえます。これで発送準備は完了です。

 

なお、もしも紛失があった場合には、荷物を送った証明になりますので、控えは相手に荷物が届くまで大切に保管しておきましょう。

またコンビニだけでなく郵便局でもこの手順は変わりません。

スポンサードリンク

ゆうパックの取り扱いのないコンビニはどこ?

 

逆にゆうパックの取り扱いがないコンビニエンスストアは、

 

■セブン-イレブン

■ファミリーマート

■サンクス

■am/pm

 

以上の店舗には、ゆうパックは存在しません。代わりにクロネコヤマト宅急便の配送の集荷をしています。

 

 

時間に余裕が有るときはコンビニのほうが楽

郵便局はコンビニに比べ、地域での数も少ないので、コンビニへ持ち込んだほうが

きっと距離も近いので楽チンでしょう。

集荷の時間の問題があるから、急ぎではちょっと不便ですが、時間に余裕があるなら

コンビニを活用するといいですね。

コンビニで定形外郵便で送れるのか?

コンビニで速達は可能か?土日は?

コンビニで切手は実は販売されているか?




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ