コンビニで切手は実は販売されている!種類はたくさんあるの?

手紙を送るとき、必要なものといえば!
切手ですね!

いつも郵便局で購入しているけれども、急遽送らなくてはいけない手紙が出来た!
しまった、郵便局は閉まっている!?と思った人、朗報です。

スポンサードリンク

知っていましたか? コンビニで切っては買えるんです

 

増税の影響で、切手も端数が出てしまいましたね。
80円が82円になって、50円が52円になってしまいました。

古い切手では2円足りないので、2円切手というものも登場しましたね。

この切手達は郵便局だけではなくて、コンビニでも購入することが出来ます。
どこのコンビニに、という指定はなくて、大抵のコンビニに置いておるのです。

■セブン-イレブン

■ローソン

■ファミリーマート

■サンクス

■ポプラ

■ミニストップ

などなどです。

売ってある切手は店舗により若干の誤差があります。

■切手の種類と金額

1円 普通切手
2円 普通切手
3円 普通切手

5円 普通切手
10円 普通切手
20円 普通切手

30円 普通切手
50円 普通切手
52円 普通切手

82円 普通切手
92円 普通切手

100円 普通切手
120円 普通切手

このくらいは大体どこの店舗でも売っているものです。
その他にも、コンビニには国庫の収入となる租税・手数料その他の収納金の徴収のために、

財務省が発行する証票である「収入印紙」200円も購入できます。

■コンビニのどこに売ってあるの?

コンビニで売っている切手は、商品棚は陳列されているものではありません。

切手を買うときには、レジに行き「○円切手をください」と伝えて下さい。
裏の棚から持ってきてくれるでしょう。

もしその場で封筒に貼りたい時も、「貼らせて下さい」と頼めば、
お水を含んだコロコロも貸してもらえます。

■新人さん(学生さん)には注意!

もし対応している店員さんが「ないです」といった場合、その店員さんが若い人や慣れていない人であれば
【売ってあることを知らない】人である可能性があります。

コンビニの新人研修などでは、レジ対応や棚整理などを教えます。

レジ対応の中に切手も入っていますが
何かの手違いで教えてもらえなかったり、教えても覚えていない人もいるでしょう。

売ってあることを知らない店員さんだなぁ、と心で思いつつ
「前に買ったことがあるので、他の方を読んで頂けませんか?」と言えば、おそらく対応してもらえます。

また、売ってあるとしても特定の金額の切手を置いていないところもあるでしょう。
急いでいるのであれば、余分な額の切手を貼っても届きますので、少し多めに購入するのも考えましょう。
 

スポンサードリンク

 

実際封筒に貼る切手の料金を知ろう!

実際に切手を貼ろうという時に、何円切手を貼ればいいのか、わからないですよね。
定形郵便物と定形外郵便物では金額が違うので気をつけて下さい。

■定形郵便物

25g以内 82円
50g以内 92円

■定形外郵便物

50g以内 120円
100g以内 140円
150g以内 205円
250g以内 250円
500g以内 400円

グラム数がわからない時は、コンビニで「計量器」を置いてあるところもあります。
わからないときは、貸して欲しい旨を伝えると貸してくれるかもしれません。
ただコレは郵便物を計るための「計量器」ではありませんから、

して頂けるかどうかは店員さんとコンビニの対応によるでしょう。

貸してもらえるのが当然!と言った風に、伝えるのは止めましょうね。

 

切手のほかにもいろいろ便利なものが売ってあるよ!

切手の他にも、郵便の官製はがき50円もコンビニには販売されています。
お正月シーズンが近づいてくると、年末年始用のハガキも陳列され、手に入りやすくなりました。

商品棚の方にも便箋や封筒も売ってあるので、ひと通りのものをコンビニで揃えることが出来ます。
ただ、これらの文具品はディスカウントストアなどで買うよりも、高値になりますので注意して下さい。

切手はコンビニで買える!郵便局に行かなくても大丈夫!!

郵便局よりもコンビニの数のほうが多くて、身近ですよね。

近い場所で同じ値段で購入できるものなので、是非コンビニを活用して見て下さい。
最近は1杯100円のコーヒーも買えるので、切手のついでに一息つくのもいいですよ。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ