目やにが多い原因は?コンタクトも関係してるの?

目が覚めて顔を洗うときに、目尻がコロコロするなぁと感じて鏡を見ると、「目やに」だった。ちゃんと、顔洗わなくては…とバシャバシャしたたり、顔を拭いてさっぱり~っとしているときに、ふと頭に浮かびました。

こんなに目やにって出ていたっけ?? この目やにはどうして出るんだろう?

スポンサードリンク

 目やにの正体は? コンタクトは関係あるのか気になります!

 

そもそも「目やに」の正体って知らない?って思われる方、いらっしゃいませんか。

目は、まばたきの働きをスムーズにするために、まぶたの裏側から粘り気のある液体が常に分泌されるのですが。

もし、目の中に、ゴミやウイルス、細菌などをが入ってきた場合、これらを体外に排出する仕組みがあります。

つまり、「目の液体と共に排出された異物」が目やにの原因なのです。

 

目と鼻は繋がっているので、昼間起きているときは「鼻垢」となって体の外に出ていきます。

けれども眠っている間は、目の粘膜は鼻に流れず、目元に残り乾いた状態が「目やに」なのです。

 

■目やににも種類がある!

 

実は目やににも色々と種類があるのをご存知ですか?

 

1、普通の目やに

目も古くなった細胞を入れ替えています。朝起きたとき、目頭や目尻についてる少しの目やには、

正常な代謝活動でできた老廃物です。

 

2、サラサラとした水のような目やに

花粉症などを患っている人によくある「目やに」です。

こちらは、アレルギー反応によるもので、目そのものに何かあるわけではありません。

3、白くネバネバと糸を引く目やに

インフルエンザなどのウイルスが目に侵入した時、白くネバネバとした目やにが出ます。

 

4、黄緑色で膿のような目やに

細菌が目に入った場合、黄緑色の目やにが出ます。

 

■コンタクトレンズをすると目やにが増える?

 

レンズを外した後にかゆいと感じるときは、一番の原因はドライアイが考えられます。

ドライアイになってしまうと、粘膜の粘性が失われ、目に脂を分泌する瞼板腺が詰まり、慢性の炎症が起こる病気が

起こされる可能性があります。この時にも目やにが増えるのです。

 

コンタクトレンズをすると目やにが増えるというのは、人の体質にもよります。

もし、大漁に出る場合は、ドライアイの他にも様々な病気が考えられ、眼科への受診が必要です。

 

 えっ、こわい!目やにがいっーぱい出る病気とは?

 

コンタクトをしている、していないにかかわらず、目やにが出ることで考えられる病気をご紹介します。

 

■細菌性結膜炎

細菌に感染することによっておこる結膜炎。赤ちゃんや子供さんも一度は患ったことがあると思います。

結膜が充血し、目にゴロゴロとした異物感を感じる、といった症状が出て、緑色や黄色の目やにが出やすいです。

 

■アレルギー性結膜炎

花粉やほこり、動物の毛やハウスダストなど、人にとってアレルゲンとなるものが目に付着することによって起こるのが結膜炎です

目のかゆみが強いのが特徴ですが、伝染はありません。糸のような、透明や白色の目やにが出ます。

■ウイルス性結膜炎

ウイルス感染による結膜炎。伝染性も強いために、涙や目やにを介して他の人に感染するおそれがあります。

サラサラとした目やにが異常に多くでてしまう場合もあります。

 

■涙嚢(るいのう)炎

涙嚢とは涙が流れ込んでくる、小さな袋です。目と鼻をつなぐ鼻涙管が何かの原因によって詰まってしまうことにより、涙嚢に涙が溜まって細菌感染を起こします、そして涙嚢炎を発症します。

主な症状は多量の目やにや涙ですが、炎症がひどくなると目頭のあたりにある涙嚢が大きく腫れて、強い痛みを感じます。

 

これらは放置していると悪化してしまうので、異常だと感じたらすぐに眼科に行きましょう。

スポンサードリンク

 

目やにが多い時の対策ってあるのかな?

 

目やにが多い時は、こまめに顔を水で洗うようにしましょう。

手でとってしまったりすると逆にバイキンが入る可能性があります。

また、目薬をさすことも有効です。薬剤師さんに聞くのが一番ですが、抗アレルギー剤が入っている

目薬を使うと、炎症も抑えられるでしょう。

 

 

コンタクトレンズは相性にも。ソフトとハード、メガネで使いわけて、予防をしよう

 

コンタクトレンズで目やにが多く、けれども目に異常が見られない方は「メガネ」に変えてしまうことをオススメします。

また、ソフトコンタクトレンズは眼球とぴったりくっ付くため、目の粘膜を遮ってしまうので

目に酸素を取り込める仕組みになっている、ハードのほうが、症状が軽くなる可能性もあります。

コンタクトレンズが原因だと感じられる方は、物理的対処も考えましょう!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ