口の中を噛む癖の原因はストレスや疲れ?病気の心配は?

食事中に口の中を間違って噛んでしまうことってありますよね。

すごく痛くて、体が止まってしまいますが、しばらくするとすんごい痛い口内炎になって

、食べるのにもしゃべるのにも苦労しますよね。

不意に噛んでしまうことは誰にでもあると思いますが、実はストレスや疲れが溜まると噛んでしまう人もいるんです。

スポンサードリンク

口の中を噛む癖の原因は? もしかして病気なの?

指の皮膚を噛んだり、爪を噛んだりする人がいます。
人にはストレスを感じたときに自分の体を守る防衛本能として、無意識にそのストレスを解消しようとします。

人によって解消方法は人それぞれで、買い物をしたり、趣味をしたりすることもありますが、

貧乏ゆすりをしたりガムを噛んだりなども
ストレスの解消行動になります。

これと同じ原理で口の中を噛むクセがあるという人がいるのです。
口の部分から喉までの範囲の癖のことを「口腔習癖」と呼びます。

この「口腔習癖」で一番身近なのは、爪を噛む行為ですね。

それ以外にも下唇を噛むクセだったり、口の中(頬の内側)を噛むクセの人もいます。
パソコンなどの作業に集中していたりするときや、何か考え事をしているときに起こりやすいです。

口の中を噛む以外には、指をしゃぶったりや爪を噛み噛み、舌で歯を押すクセがあります、

こうした口に関するクセは

精神的な安定を求めて生じるものです。

ストレスを感じたときにストレスを減退させようとして口の中を噛んでしまうのです。

子供の頃に特に見られ、加齢と共にクセは減っていくのですが、年齢が上がっても癖が残る人がまれにいます。

特に感受性が強い性格、神経質、依存性の高い人に多く見られるようです。

口の中は粘膜ですから、噛み続けることでトラブルが生じることももちろん考えられます。

口の中を噛む以外で精神を安定させる方法をみつけると、トラブルなくストレス解消ができるのでは

ないでしょうか。

ストレスの他にも原因がある?

ストレスからくる「口腔習癖」の他に、特にストレスなどもなく、口の中を噛んでしまう人は並びの悪さが原因です。
現代社会の食生活は、欧米化にすすんでいるので、硬いものを噛むことが少なくなってしまいました。

日本人は、昔の人に比べ、アゴがシャープになっています。アゴが細くなれば、歯が並ぶのも狭くなるのに、
もちろんですが歯の大きさは変わらないために、結果的に歯並びが悪くなってしまいます。

日本人が親知らずを抜かなければならない理由もコレですね。
また、顎関節のズレによっても口の中を噛みやすくなってしまうみたいですね。

ストレスではなく噛んでしまう方は、歯科医さんに相談されることをお勧めします。

スポンサードリンク

口腔習癖は子供の頃からでているもの、幼い内に直しましょう

この口の中を噛むことや、指をしゃぶったり、爪を噛んだりすることは、

大人になってから突然現れるものではなく
幼少期からの継続であるものです。

もちろん、赤ちゃんの時代に指しゃぶりがあるのは自然なことなので、心配しないで下さい。
もしこれらの癖が小学校中学年でもかわらないのであれば、親御さんとのスキンシップ不足から来ています。

この癖を持つ子供さんは、親から受ける安心感を得られないので、日頃のストレスを口の中を噛むことや指をしゃぶることで
緩和しています。親から安心感や信頼を感じているお子さんは、自然となくなってゆく行為です。

子供の癖に悩んでいる方は、一日に一度は子供さんの言葉を聞いて、それを認めてあげましょう。
親と話す時間が、おのずとこれらの癖を治すことになるのです。

それでもどうにかしたい方は、歯科への受診をおすすめ

とはいっても、なかなか治らないことも多いですよね。
そうゆうときは無理せずに歯科に相談しに言って下さい。客観的な面から見ての診断で

変化が訪れるかもしれません。なんにせよ、口の中を噛むことは、口内炎を引き起こしてしまうので
自らすすんで口内炎を作らないように努力しましょう。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ