頭痛でズキズキ!左右や場所によって原因は違う?

ズキズキときしむ頭の痛みに悩んでいる方、いらっしゃいますか?

痛みの位置によっても原因が違いますので、確認してみましょう!

スポンサードリンク

そのズギズギ、場所によって原因が違います。対策とともに!

 

頭痛にはその場所によって原因が異なります。

 

■こめかみ

1つは皆さんご存知「偏頭痛」です。偏頭痛の特徴は「痛みがこめかみあたりにでること」です。片頭痛は、

頭の片側や左右両側が脈打つようにズキンズキンと痛む頭痛で。

偏頭痛は発作的に起こり、いったん痛み出すと寝込んでしまうほど痛くなったり、

仕事が痛みでまったく手につかないなど、多くの方が悩んでいるとおもいます。

 

偏頭痛の原因は、血管の拡大による神経の圧迫です。

ストレスなどが原因でセロトニンが異常に増えるようで。増えたセロトニンが、太い血管を収縮させて、その次は拡張します。

そして、腫れや炎症などを起こして頭痛が起こるしくみです

 

対処方法としては、血管を収縮させるカフェイン入りの飲み物を飲むと収まります。
コーヒーは偏頭痛に効果的って本当?原因という噂もあるようだけど!

 

■後頭部

後頭神経痛の症状の特徴には、次のようなもです。

 

・雨が降る前に痛みが生じる

・後頭部にズキズキン、キリキリとした痛みがおこる

・耳の後ろ側に痛みが生じる

 

この痛みが出た時の対処法としては

1、あたためたタオルなどを押し当てて、首筋を温めて筋肉のコリをほぐす

2、冷えピタなどを使い、後頭部を冷やして炎症を抑える

3、痛む部分をマッサージする

と緩和されることが多いです。

 

 

■頭全体を叩かれているような痛み

これは即刻病院に行きましょう。「くも膜下出血などの可能性もあったりするようなので。

脳の中の血管が切れたことで、発症時に激しい頭痛を伴います。

後頭部や頭全体に突然ハンマーで叩かれた様な激しい痛みですので、場合によっては命にも関わるのです。

 

スポンサードリンク

 

頭痛と食べ物や生活は関係あるのかな?

 

偏頭痛は寝過ぎが寝不足における生活習慣、または仕事による緊張によっても引き起こされるものです。

また食べ物にも、引き金となるものがあります。

お酒などのアルコールやワイン、またはお菓子ではチョコレートなど。

しかし、食べ物によってというのは各個人の体質にも関係してきますので、必ずしもとはいえません。

どちらかと言えば日常生活における、週間行動が重要です。

 

頭痛を引き起こすのは自律神経の切り替えが上手く言っていないこともあるので、

あまりにひどい場合は、病院へ診察へ行きましょう。

 

頭のズキズキに効くツボとは?

 

ここではズキズキに効くツボをご紹介します。

 

■耳の後ろにある「完骨(かんこつ)」

完骨は耳の後ろ側にある骨の膨らみの下の部分から指1本分上に位置します。

指に頭の自重をかけて、指を押しこむ要領で刺激します

 

■目の下にある「瞳子りょう」

目の下、指1本外側にあるくぼみに位置します。指の腹を使って、両目とも弱く刺激します。

 

■手の甲にある「外関(がいかん)」

手の甲の手首の関節の真ん中から指2本分くらい手前のところを強く刺激します

 

また、血管の拡張によるズキズキの緩和には、コーヒーが最適ですが、

その他にも、サバやさんまなどの青魚系や納豆も予防として効果があります。

 

頭痛の緩和は日々の行動から

 

仕事が多いと、ついつい寝溜めしてしまったり、睡眠不足に陥ったり、それが引き金でイライラしたりすると思います。

そんな日常を送っていると、頭をズキズキは起こしやすい体質になってしまうので、できるだけ

頭痛を起こさない行動を意識するといいですね。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ