首の後ろに湿疹が出来てかゆみと痛みが!原因はなに?

うなじのあたりを触ったらピリッと「痛み」が走った…えっ!?

よくよくそこを触ってみると、ぷっくりと膨れた湿疹があり、意識すると痒みも。

不思議に思いながら過ごしたあと、お風呂に映る自分の首を見てみたら、湿疹ができていました。

その湿疹は人面の顔をして、こちらを凝視し…きゃあーーーーーーーーーーーーっ!

 

という、小説もどきは置いておいて、本題は首のうしろの湿疹ってなぁんだ!

スポンサードリンク

首の後に湿疹!? ?これは一体なんだろう??

 

ふとして触ったときにプツプツの感触があって気になる。

この首の後ろに出来る湿疹の原因は様々です。

 

男女ともに可能性として「ニキビ」が挙げられます。いやですね。私もニキビ肌なので、痛いんです。

これは皮脂の分泌が原因です。皮脂とは人が出す汗や脂、またはメイクの落とし残しなどが毛穴で混ざっているものです。

これはその汚れが詰まることが原因なので、皮膚を清潔に保つことが重要です。

ニキビには痛みの伴うものもありますが、痛くないニキビも「白ニキビ」と呼ばれ、ブツブツの正体でもあります。

 

そして蕁麻疹、アレルギー性蕁麻疹です。

赤くぷっくり腫れて痛い代表の蕁麻疹・湿疹。

原因は食物、薬疹、感染症(風邪など)、肝臓病、膠原病、寒冷刺激・暑さ、日光、運動、ストレスなど様々なものがあり、

人によって原因が変わってくるのが特徴です。

 

蕁麻疹の正体は、皮膚の奥側にある真皮で血管透過性が増して様々な痒み物質が放出されることによるアレルギー発作。

2,3日で自然に治まることがある一方、放置していると痒みのアレルギー発作がだんだんに酷くなります。

蕁麻疹は皮膚科に行って薬をもらうのが一番です。

 

次は「あせも」

夏に多いせも。かゆみを伴う赤く小さなブツブツ。たくさん汗をかくことで汗腺がふさがりやすくなってしまい、汗が皮膚の内部に染み出して炎症を起している状態のようです。

活発な子どもの方があせもとのご縁が深いよう。

 

最後に「糖尿病」の可能性。これは少し判断しずらいですね。

糖尿病の初期症状として皮膚のかゆみが存在します。首の後ろ辺り、とは限りませんが、糖尿病は現代病でもありますので

ただの痒みといって放置せず、一度診察に行くと安心です。

 

いかがでしょうか?

首とはいえ皮膚の湿疹なので、糖尿病とアレルギー性蕁麻疹以外は、皮膚を清潔にすることで対処が可能なものばかりですよ。

スポンサードリンク

皮膚を清潔に保つには!首の痒みとさようならできる?

 

首は女性も男性も、髪の生え際がある部分。清潔に保てない原因としてはシャンプーが肌に合っていない、

という可能性があります。首の周りだけでなく、髪の中にもぶつぶつが在るようであれば、シ

ャンプーやボディソープを替えてみると良いでしょう。

 

また、洗いすぎると逆に肌に悪い、ということを聞きますが、人それぞれであるので鵜呑みにしないようにして下さい。

ニキビが原因の場合、それは逆に洗いすぎをためした方がいいです。

汚れなどが取れていない事が原因であるので、一度これでもか!というほど洗ってみましょう。

どこかの書籍では洗いすぎ良くないっと書いてあり、真に受けて1日3回洗っていても治らず、

医者に相談したら逆だった、私が通ります。

 

首の湿疹は血行不良!? 肩こりも平滑している人が多いからストレッチ方法をご紹介!

 

首などにしっしん等が出来る場合、肩こりも併発している人が多いです。なぜかというと、

血行が良くないので、皮膚のターンオーバーなども上手く行っていなからです。皮膚も筋肉も血の巡りがほしいんですよ!

 

デスクワークでも出来るストレッチ!

1,正面を向き、首を右に傾け、10秒キープ!左側も同様に

※首を倒すときに反対側の肩が上がらないように

 

2,正面を向き、首をゆっくり前に倒し、10秒キープ!

気持ちよく伸びたと感じたらゆっくり戻す。

※あごを胸に押しつける感覚です。二重あご?気にしない!

 

■首・肩 のストレッチ(首の後ろを伸ばす)

両手を頭の後ろに当てて押し出すように首を倒す。

※背筋を伸ばして肩に力を入れないで下さい。

 

 

首の痒みは、きれいな生活で改善できる

ニキビなどのターンオーバーの場合は清潔な生活を送ることで改善が可能です。

アレルギーなどは栄養の面もあるので、お医者様と相談しましょう。

首もとの肌トラブルには、
専用のボディージェルなどもあって。

皮膚を清潔に保つことや、血行を良くするストレッチを行うこととあわせて、
スキンケアも行っていくのがおすすめです。

 

首は、人間の体でも、とても大事な部分なので

自分自身で気をつけて、ケアしていくことをお勧めいたします。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ