コーヒーは偏頭痛に効果的って本当?原因という噂もあるようだけど!

女性には多い、こめかみ辺りがズキンズキンする偏頭痛。
パソコン仕事と偏頭痛のダブルパンチはトイレに駆けこむほどの症状に悪化したことはありませんか?
そんなときに偏頭痛を治める方法ないのでしょうか?

 

スポンサードリンク

ズキンズキンと痛い偏頭痛にコーヒーが有効って本当なの?

いつ襲ってくるかもわからない偏頭痛、大抵は疲れていたり、不眠だったり、

過剰睡眠だったりした時に偏頭痛を患ってしまいます。
仕事の時になるとパソコンをみることもできない、立ち仕事をしていると

「あれ?なんだか気持ち悪くなってきた」と思ったことありませんか?

偏頭痛は脳の中にある血管が膨張することによって発生しています。

血管が広がることで神経に血管が触れているんですね。
不眠や過剰睡眠は血管を開けっ放しにしてしまうので、脈打つ流れと同時に痛みが走るのです。
ここで、コーヒーは頭痛に効くという話がありますが、それは本当かどうかといいますと

「本当」です。

コーヒーには血管を縮める作用があります。成分はカフェインです。
あれ?カフェインって体に悪いのでは?ちょっとお待ちを。

私は会社での、水分パートナーは紅茶です。コーヒーはほとんど飲まないのです。

いつだったか、あまり飲まないコーヒーを偏頭痛の中飲んだ時にスーッと引いたのを覚えています。
私はもうびっくりです。

実体験としてもコーヒーには偏頭痛を抑える作用があると思います。

ただし、コーヒーが逆に偏頭痛を起こした、コーヒーが原因だ、という声も聞こえてきます。これも間違いではありません。

まず、コーヒーによる偏頭痛の鎮静作用は「症状が出た後にしか効果がありません」
拡張した血管を縮めることはできますが、血管の拡張を予防することはできません。

毎日コーヒーを飲んでも、偏頭痛が起きない体になるわけではないのです。

偏頭痛が起こった時に、コーヒーを飲むとその効果が得られやすい。まさに私、紅茶ばっかり飲んでいました。

紅茶にもカフェインは含まれます。茶葉とコーヒ豆だと、紅茶の葉のほうがカフェインも量が多いのですが、

点てた紅茶1杯と挽いたコーヒー1杯では、コーヒーの方がカフェインの量が多くなります。

逆に相性が悪い、体質的にコーヒーを受け付けない人もいます。その大半がコーヒーを一日1杯以上飲んでいる方です。
先ほども言ったとおり、コーヒーには血管を縮める作用があります。

コーヒーを飲み続ける、ということは、血管を縮ませ続けているのと同じことです。

つまり、コーヒーを飲んでいる状態が血管の状態の普通になり、コーヒーが切れた時、
普通の血管の状態に戻ると、神経が拡張した時と同じで反応して、痛みを伴う。というのが、コーヒーで偏頭痛を起こす方の特徴です。

様々な飲み物を含めて、カフェインのとりすぎは控えるようにしたほうがよさそうです。

スポンサードリンク

コーヒー以外に偏頭痛に効く食べ物などは?

偏頭痛に効く、成分としてカフェインが挙げられました。カフェインを含む食材としてはコーヒーの他のに
紅茶や緑茶、コーラ、チョコレート、清涼飲料水、ドリンク系栄養剤にも含まれています。

また、私はコーヒーが苦手だったので、いつも紅茶を飲んでいましたが、
紅茶が含むカフェインの量では偏頭痛を抑えるに至らなかったので、オススメするのが「コーヒー牛乳」です。

コーヒー牛乳でも同じ効果が得られます。あたためても、冷たくてもOK!

あと、偏頭痛に効く漢方薬として「加味逍遙散(かみしょうようさん)」
この漢方薬は血の巡りを良くし、女性の生理痛や生理不順にも使用され、
偏頭痛のほか、更年期障害やホルモンバランスの乱れなどの症状にも効果的といわれています。

薬のほうが効くんじゃないかって方は、副作用もあまり聞かない漢方薬をどうぞ!

その偏頭痛は…もしかして?

偏頭痛は血管の拡大が原因なので、血管を縮めれば収まるのですが
コーヒーを飲んでも、薬を飲んでも、あまり効果が無い場合、病院へ行くことをオススメします。

頭痛を伴う脳の病気などが隠れている可能性があるからです。
例えば偏頭痛とはまた違う「群発頭痛」

これは春先や秋口など季節の変わり目にはじまり、一度痛みがあらわれると、毎日のように頭痛を起こす状態です。
血管が拡張して炎症を引き起こすことが原因と言われ、一概にカフェインに頼ることもできません。

頭痛がひどい時は、病院にかかることも視野に入れましょう。

用法容量は正しく!は、飲み物も同じ!

普段飲んでいる飲み物も度をすぎれば毒になります。一番害がないのは水をのむことですが、
コンビニやスーパーに溢れる美味しいジュースやお酒たちに目がくらむのは仕方がありません。
ほどほどに楽しみ、健康的な日常を送りましょう。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ