天神祭花火2015時間と日程!いよいよ夏が始まりますね!

日本3大祭りをご存知ですか?

ひとつが京都府で行われる「祇園祭」

ひとつは東京で行われる「神田祭」

そして最後は今から紹介する「天神祭 奉納花火」です!

スポンサードリンク

夜を彩る花火の群れ 天神祭2015の日程を探ろう!

 

今年の大阪府の天神祭は、2015年の7月25日(土)19時~21時の予定です

 

7月24日に前夜祭である天神祭宵宮、25日に本祭の天神祭本宮(花火大会含む)が行われます。

もし雨が降った場合は残念ですが延長はありません。晴れであることを祈らずにはいられないですね。

 

7月24日(宵宮)の日程は開示されており、

 

4:00~ 打ち出し(一番太鼓)

7:45~ 宵宮祭

8:30~ 鉾流行列参進

8:50~ 鉾流(ほこながし)神事

11:00~ 行宮祭(あんぐうさい)

12:00~ 天神講獅子 獅子舞

16:00~ 催太鼓氏地巡行

16:30~ どんどこ船宮入 鉾流神事奉還

18:00~ 水上薪能

18:40~ 催太鼓宮入

19:00~ 獅子舞宮入

18:00~ タイ国イクラトン祭(24,25日・両日)

 

このようになっています。

 

メインである7月25日(本宮)の日程は

 

13:30~ 本宮祭

14:30~ 神霊移御

15:30~ 陸渡御列出発

17:30~ 船渡御列出発

18:00~ 船渡御

19:00~ 船上祭

19:00~ 奉納花火(21:00まで)

20:30~ 催太鼓の宮入開始

22:30~ 還御祭(かんぎょうさい)

 

天神花火の打ち上げ場所は?

 

場所は大阪府大阪市北区、桜之宮公園グランド、川崎公園などが会場となります。

メインとなる花火の打ち上げ数は約5,000発。

しかもこの天神祭では花火を見るための「有料席」というものがほぼありません。

この天神祭の花火の面白いところは、個人で奉納花火を上げることができるところでしょう。

1発5,000円から依頼が可能で、この花火で告白をする人もいるようです。

この花火の打ち上げに協賛した方は、大阪天満宮の境内に名前を掲示、記念品として花火玉のレプリカのプレゼントがあります。

あなたもハートの花火を打ち上げてはどうですか?

 

 

申込:大阪天満宮社務所(TEL.06-6353-0025)まで

大阪天満宮

スポンサードリンク

 

県外からこられる人へ、簡単、天神祭アクセス方法

 

天神祭は天満宮を中心に、広く行われるお祭りです。当然混雑があり、車で行くよりも

公共機関での移動が推奨されます。

 

また花火が打ち上げられる場所、天満宮の位置はまったく違う場所になりますので

ご注意ください。天満宮に行ってしまって花火が見れなかったと嘆く人も少なくありません。

 

■大阪天満宮へのアクセス方法

 

・地下鉄谷町線・堺筋線「南森町駅」下車

・JR東西線「大阪天満宮駅」下車

 

天満宮では出店もあるので、子供でも楽しめるでしょう。

 

 

■奉納花火へのアクセス方法

 

開催場所:桜之宮公園、川崎公園付近

JR大桜ノ宮駅西口より桜之宮公園沿いを南へ徒歩5分

 

花火の時間帯は桜ノ宮駅は、花火を見に来る人のため身動きが取り図楽なります。

速めの行動を心がけるか、友達など2グループに分かれての場所取りが必要です。

 

天神祭は何故おこなわれる?

 

天満宮が鎮座した2年後である951に社頭の浜から神鉾を流し、

流れついた浜に斎場を設けてみそぎを行なったそうです

その折、神領民や崇敬者が船を仕立てて奉迎したのが天神祭の始まりとされており、

その歴史は1千年以上もある日本にとっては、古くから伝え続けられてきたお祭りのひとつです。

 

時を重ねるごとに船の数も増え、豊臣秀吉が大坂城を築いた頃には

船渡御の形が現在の形へと整ってきました。

 

天神祭には幾多の変遷があり、その存続が危ぶまれた時期もありましたが、たくさんの人の

熱いエネルギーに支えられ、毎年開催されています。

 

一千年の歴史がある天神祭りをその目で

 

千年も続くこのお祭りは、もしかしたらあなたの祖先も見ているお祭りかも。

そう思うと、ちょっぴり不思議なお祭りだと思いませんか?脈々と受け継がれるその活気を見てみるのもきっと楽しいです!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ