天城ほたる祭り2015駐車場や温泉情報をまとめてみた!

夏の風物詩のひとつといえば、「ほたる」を思い出しませんか?

花火やお祭りのイメージとは違い、自然現象でひっそりとしたイメージがありますよね。

静岡県の伊豆では「天城ほたる祭り」というものが、毎年開催されています。

夏の夜に輝く、ホタルの幻想的な光は星空とは違い、とても不思議なものです。

 

2015年開催 天城ほたる祭りの見どころ!駐車場と温泉情報!

 

 

静岡県、伊豆の天城温泉郷では毎年6月になると天城ほたる祭りが催され、静かに賑わいます。

 

今年2015年の開催日は2015年は6月1日から7月7日と、およそ一ヶ月程度の間ホタルを鑑賞することができます。

開催期間は長いですが、ホタルが出てきてくれる時間は短く「夕方から20時頃」まで。

 

会場になるのは出会い橋と呼ばれる場所は、男性的な本谷川にかかる「男橋」と女性的な猫越川にかかる「女橋」。

この同じ形をした2つのアーチ状の橋です。

 

2つの川が合流する付近にあることが名前の由来になり、ロマンチックな逸話として

男性は男橋を、女性は女橋を渡れば、向こうから来た人が運命の人になるという噂があります。

そんな噂がある場所で、ホタルが見れるという状況は、カップルたちにも人気のスポット。

 

この「天城ほたる祭り」は、車で訪れる方も多く、祭りの開催期間、

天城会館の70台ほど止められる駐車場が無料で利用でき、

会場となる出会い橋まで約500メートルの距離にありますので、徒歩10分くらいでつくことが可能です。

もちろん、会場につくまでの間も、ホタルはチラチラと飛んでいるので退屈はしないでしょう。

 

近くには伊豆天城温泉郷という温泉集合地があります、

口コミではカップルや家族の方はここ周辺の温泉にとまる方も多く楽しみの一つであったり。

 

温泉としては

 

・吉奈温泉

・青羽根温泉

・船原温泉

・月ヶ瀬温泉

・持越温泉

・嵯峨沢温泉

・湯ヶ島温泉

 

 

と7つの温泉があります。これは毎年違う温泉に通うフラグ!?

その他、天木温泉郷に宿泊する場合は会場まで送迎してくれる宿泊施設もありますので、泊まろうとしている場所はチェックです。

スポンサードリンク

これを知らないと見逃すかもしれないホタルの習性とは?

 

せっかくホタルを見に行っても、場所が悪いと見れないかもしれません。

ホタルはその性質上、は強い光が苦手なのです。月の光が弱い時、新月の方が鑑賞しやすくなりますが、ただし、人も多くなるでしょう。

強い光が苦手ということは、カメラのフラッシュなども強い光にはいるので、

写真撮影などはもちろん厳禁、おとなしくバックへ仕舞いましょう。

 

そして、ホタルは湿気を好みます。わらべうたでありますよね「こっちのみーずはあーまいぞ」と。

水辺に集まるのは湿度の高いからです。

なので、梅雨から夏場にかけて、なるべく乾燥していない日、雨上がりのような蒸し暑い日などは活発に飛び回ります。

 

 

どうせ伊豆行くなら浄蓮の滝もおすすめ!

 

ホタルを綺麗に見れるのは、夜暗くなってからですので、それまでは周辺を観光してみませんか?

伊豆を代表する観光名所である玄武岩の岩壁から落ちる、この滝は歌や小説の舞台にもたびたび登場する滝として多もくの人に知られています。

幅7m、高さ25mの大滝で「日本の滝100選」のひとつで、浄蓮シダなど原生林に囲まれ,夏でも肌寒さをおぼえる滝には、昔、主である美しい女郎蜘蛛が

住んでいたという伝説が残されている、歴史が垣間見れ、日本の情緒が味わえますよ。

 

ホタルは環境とともに、マナーを守って楽しく見ましょう

 

水の水質環境に左右されるホタルは、年々見ることが難しくなってきました。

なので、こうゆうお祭りとして自然のホタルを見れる場所が在るというのは嬉しい事です。

お祭ということで、盛り上がることも在るでしょうがクレグレも「ゴミ」は持ち帰ること。

綺麗な環境を保つことで、毎年の自然の芸術を楽しく見ましょう。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ