過敏性腸症候群ガス型の治療はやっぱり病院がいいの?

IBSって何やらかっこいい言葉って偏見がありますけれど、実際は病気の名前の短縮で和名が「過敏性腸症候群」!

この過敏性腸症候群には、タイプがいくつかあって、トイレにひきこもっておしりが流れる水状態になる下痢タイプ、

トイレとお友達になってスカッとしたい便秘タイプ、トイレが嫌いになりそうな混合型と色々ありますが、その中で、電車に揺られても、

帰ってきたお風呂でも、パソコンに向かい合っている時もに視線や反応をチクチク感じてしまう「ガスタイプ」が存在します。

ガスというけれど、その実態は「オナラ」です。

その卵が腐ったような火山の硫黄の臭いと時間を置かずに連発してしまう音に、自分の仕事や作業、

やらなきゃいけないことにチカラが入らない日がも多い…この体内環境をどうにかするには、やっぱり病院しか無いのでしょうか。

スポンサードリンク

過敏性腸症候群ガス型の治療は自分であれこれ悩むより病院がいいの?

 

自分で努力して改善が見込めるならいいのですが、人間そうそう意志が強ものでもありません。

仕事が辛くてどの改善方法も自己流過ぎて効き目がイマイチになるので、やっぱり病院での治療がいいと思います。

ストレスを発散、食べ物を変えよう、としても入ったに何が反応しているのか無知識の手探りですから

専門の方のアドバイスは適切になります。

無責任になりがちな自分のカラダの状態を客観的に見てもらうのも、心と体にとって良いことです。

 

病院選びは医者選び! 病院へ行くときの心構えや、対策・ポイント

 

病院を選ぶ際、看護師さんや実際に話をするお医者さん選びはとっても大事です。

英語短縮名:IBSこと過敏性腸症候群は、うつ病などと同じように、メンタルな部分が症状が深く関係しているので、

お医者さんが信頼できるだけで、ストレスも半減して腸の状態もダイレクトに改善します。

逆に周りに信頼できる友人や知人がいれば、過敏性腸症候群にはなりにくいと言われているんですよ。

 

例えば、オナラが~、お腹がグルグル言って~っと離して、渡されるのが整腸剤とか渡されるところもあります、でも、そこじゃない!ってゆうお医者さんもあります。

ただ診て、薬を渡すだけじゃなく、ちゃんと患者さんのことを考える病院を見つけましょう。

 

お医者さん選びのコツ!

1 いつから症状があるのか、を聞いてくれる。

2 どんな時に症状があるのか、チェックしてくれる。

3 症状の内容を聞いてくれる。

4 考えられる病気とその病気に関しての詳細を教えてくれる

5 薬の名前だけじゃなく、効果も教えてくれる。

6 どれくらいの期間で治療・改善・完治が行われるのか教えてくれる

 

このようなポイントを押さえて、診察を受けてみましょう。もちろん、言われるのを待つだけじゃなくて、上のポイントを自分から聞いてもいいんですよ。

スポンサードリンク

共感を得たいときはブログを見てみよう!

 

過敏性腸症候群ガス型は症状が症状だけに、周りの人にはずごーく言い難いですよね。

でも、この症状って他の人はいないのかな、自分だけかな?と不安になることはありませんか?

そうゆうときは「過敏性腸症候群 ブログ」で検索をすると、同じ悩みを抱えた人が、完治や治療の内容を載せていてくれて、家に居ながらの勉強が可能です!

症状の改善や病院でのエピソードなど、この人はこうだったから、参考にしよう!という気になれます。

そして「過敏性腸症候群」は完治すると、自信が湧いてきます。

 

まとめ

やっぱり専門の人に診てもらうのが一番ですね。社会人は時間が取りづらいのも悲しいところです。

それでも一時の対策として処方される薬は、精神的にも肉体的にも苦悩を軽減してくれます。

恥ずかしい気持ちも在るかもしれませんが、すこし時間を取って病院に行ってみるのも、これからの毎日楽しく過ごすために、「やるなら今だよ今!」ですよ!

おならが止まらない原因は?臭いし多いしなんとかしたい!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ