関西弁と大阪弁の違いとは?

関西と言っても大変広いよね。やはり中心となるのは大阪でしょうか。京都も関西には違いないけど中心とは言えない。

では関西弁ってどこの言葉を指すのでしょう。大阪?京都?

それとも?

 

大阪の言葉の中にはいわゆる「大阪弁」と呼ばれる大阪市内を中心とした周辺地域でしゃべられる言葉と、

大阪府を少し下がると独特の「河内弁」が有名です。それより南下すると「泉州弁」がありますね。

 

大阪だけでも有名な言葉としてはこれくらいあるのです。大阪弁の中に「船場ことば」も含まれますが、昔は商いの街船場で使われていた言葉は、

今ではほとんど聞かれなくなっています。

スポンサードリンク

大阪弁と言いますか関西弁と言いますか、コテコテの関西弁を関西以外の人が使うことがありますが、これらは日常ではまず聞くことができなくなりました。

松竹新喜劇で藤山寛美たちが船場物の舞台劇で使ったような言葉ですが、街中で耳にすることはほとんどありません。

しかしこれらを総称して関西弁と呼ぶのでしょうか。

 

大阪以外の関西ではどうなの?

 

京都も関西です。こちらは京ことばといいますか、京都弁といいますか、一見はんなりとした喋りの中に、

きつい排他の気持ちを込めた京都弁。実際付き合ってみるとなんとも自己中心的な人が多いことかと驚かされます。

 

京都は関西弁と呼べるでしょうか。きっと京都人から言わせれば、関西弁と一緒にせんといて。というと思います。

つまり彼らからすると関西弁は、大阪弁を代表とする「がさつで品のない」言葉とは違うといいたいのでしょう。

京都独自の文化と言葉を大切にしたい種族のように思われます。

 

兵庫県はどうでしょう。兵庫を代表するのはやはり神戸ではないでしょうか。

神戸はこれまた関西弁には違いないですが、大阪弁と一緒にされるのを嫌います。神戸はいわゆる関西弁を使いますが、

大阪とは一味違った言葉遣いとイントネーションの違いが見られます。

大阪とは違うという人種であることを強く意識しています。

 

奈良も和歌山の独自の言葉があり、それを関西弁でくるんでしまっていいものか迷います。

その地方独特の言葉は生き続けており、今後もそれでいいのではないかという気がします。

 

関西弁と言えば自分も毎日使っている言葉ですが、よく考えてみると大変便利にできているように思います。

目上の人に対する言葉遣いなど、敬語めいた関西弁を使うことが多くあります。本来なら標準語できっちりと敬語を使うべきところなども、

いとも簡単にすんなりと関西弁で失礼にならないよう話すことも可能なのです。

 

関東弁というと、関西では「関東の言葉を標準語」と捉える人もいます。しかし関東弁はやはり関東の方言でしょう。

代表格が「べらんめー調」のきっぷのいい言葉のような気がします。このべらんめー言葉が日常使われているかどうかは知りませんが、

関東人が大阪人とトラブルを起こすのはその言葉づかいから起きることが多いようです。

 

大阪人はもっちゃりした言葉遣いだが、関東人のそれはきつく冷たい言葉として捉えられてしまいます。人間味まで冷たく感じられるのです。

逆に大阪人が関東人に与える印象はどうでしょう。一昔前は「くさい大阪弁使いやがって」ってな感じでとらえられる面もありました。

今もあるのかもしれませんが。

スポンサードリンク

関西弁の特徴とは?

 

さて、関西とは京都・大阪・兵庫とその近県あたりでしょうか。近畿とはまた違った範囲ですね。関西弁には大きく二つの特徴があります。

一つは「おもしろい」「ノリがいい」ってところでしょう。特別関西人が面白いと思ったことはないのですが、なんだか独特のノリがあるのは感じます。

二つ目は「ソフトな感じ」でしょうか。男の大人が使うより、女が使うほうがしっくりくるようにも思えます。

男が使うと何となくもっさりした感じになりますが、女が使うとなんともいい感じに聞こえる言葉も多くあります。

 

関西弁を強調するために、いわゆるコテコテの関西弁を使おうとする人がいます。こんな言葉を聞いた時、

関西人としては許されない憤りを感じます。昔使っていたかもしれない言葉のコテコテ部分だけを面白おかしく言いふらされると腹立たしくなるのです。

「誰がそんなこというか、あほか!」ってことになるのです。

 

ネットで調べると関東人は「関西弁喋る奴には近寄らないようにしている」といった輩もいるようです。

関西人だから面白いと間違った思い込みは迷惑千万である。テレビでよくあることだが、

話の途中に急に話を振ってくる。テレビでは何とかそれを受けて答えしているが、誰でもそういったことができると思われるのは迷惑なことである。

 

関西弁が汚い言葉だといわれるようですが、確かに河内の言葉はある意味汚い部類になるのでしょうね。

標準語にも汚い言葉があり、方言にも汚い言葉はあるのです。

関西と言いますか大阪地方では、喧嘩するとき河内弁が口をつくことがあります。

「おい、ワレ、何さらしてけっかんねん。どつきたおしたろか」っぽい言葉で威嚇しあいます。

普通の人はめったに使う言葉ではありませんが・・・。

 

 

関西とは近畿を含む広い地域を指します。

 

近畿地方は京都、大阪、滋賀、兵庫、奈良、和歌山、三重2府5県を含む地域を言います。

国の出先機関は近畿という語が付きます。国の管轄エリアはきっちりした定義はないようです。なぜなら、

近畿経済産業局や近畿地方整備局の場合、2府4県と福井県も含まれるというし、近畿農政局は2府4県となっています。

 

関西はそれより広いということですが、実際何処までが関西というのかこれもはっきりしないのです。諸説入り乱れ、

箱根から西が関西だという説まであるのです。通常使われるのは、近畿圏プラス鳥取、徳島ってところでしょうか。これも無理があるような気がしますね。

 

近畿地方の考え方

 

考え方の一つに、近畿は1963年に近畿圏整備法によって、指定された地域とみることもできるのではないでしょうか。

これによると、大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀、三重、福井ということになります。つまり2府6県となります。

 

明治36年(1903年)に国定教科書が近畿地方」という言葉を公的に使っている。広辞苑などはこの考え方を採っているようです。

この考えで行くならば、大阪。京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀、三重の2府5県を近畿と呼んでいるのです。

 

未だにはっきりしていないということはそれほど真剣に考えることはないのではと思います。

これだけ広域な府県となれば、一概に関西弁とは言えないのではないでしょうか。和歌山も三重も関西弁となるのですよ。

どちらも独特の方言がありますよね。各県ごといやもっと狭い範囲で言葉は変わってくると思われます。

 

国の出先機関の公的な使い方にしても、東京に象徴される関東に対し、関西という使い方が多くなっているので、

あまり真剣に考える必要はないように感じました。

 

関西大学の藪田貫文学部教授によると、近畿と関西の使い分けおよび定義はあやふやであるといっている。

近畿は明治時代の教科書に登場した言葉と言っています。確かに文献によると歴史をさかのぼることになるので、

今回そこまで探求すべきでないと思い、今日使われている使い分けだけで十分だと思いました。

 

 

最後に

 

私が思うには、関西弁と言えば大阪を主体とした言葉ということでいいのではないでしょうか。

「大阪弁=関西弁」というのは少々乱暴かもしれませんが、それほど大きな違いはないように思います。意義のある人もおられるかもしれませんが、

確固とした定説がないだけに、人によって捉え方はそれぞれとなるのも致し方ないと思います。

 




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ