ハイヤーとタクシーの違いは?料金やサービスはどうなの?

駅前にはいつもたくさんのタクシーが客待ちしていますね。タクシー乗り場に立つと左の後ろ側のドアがすっと開いて客をすんなり乗せて走ります。道路でタクシーに乗るときも、手をあげるとタクシーがすっと寄ってきます。

常に目につくのはタクシーですね。ではハイヤーはどうして乗るのでしょう。

街中で手をあげてハイヤーを見つけることはできませんね。ハイヤーに乗るためには、特別の方法があるのでしょうか。調べてみましょう。

ハイヤーとタクシーの違いはどうなんでしょうか?料金やサービスにも違いがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

ハイヤーとタクシーを辞書で調べてみました。

 

ハイヤー:雇い入れの自動車。

タクシー:街中や駐車場で、客の求めに応じて乗せる営業用自動車。料金計器がついている。

 

辞書で見る限りでは、ハイヤーは乗車契約が必要な感じですね。

 

ハイヤー会社に訊いてみました

 

ハイヤーは完全予約制です。格式を重んじられる状況で利用されることが多いようです。

お客様がご満足いただける個別輸送機関として利用されます。例えば役員の移動手段とか、

VIPの送迎などエグゼクティブ層の人たちが利用されます。

 

Hireには「雇用」という意味があります。したがって電話などで要請されて、派遣されるのです。

お客はその時間を「車と運転手」を雇ったことになるため、料金はハイヤーが車庫から出て車庫に戻るまでの料金が必要になり、

タクシーより割高になります。

 

タクシーは自動でドアが開きますが、ハイヤーは雇われた運転手がドアを開け閉めしてくれます。とても気分はいいと思います。

 

格式を重んじる場合でない限り、タクシーで殆ど用を足すことができると思います。

スケジュールさえ決まっておれば、タクシーで迎えに来てくれることができるわけです。

最近のタクシー会社では、「迎車料金は頂きません」というところも増えてきました。

 

そうすると時間が有効に使えたり、余裕も出てきます。料金も現金払いだけでなく、

クレジット払いも可能な会社も増えてきました。旅先や出張先などの移動手段として、大変便利になりました。

 

また、観光地などを時間をかけてゆっくり回りたいときも、タクシー会社と交渉すれば、最初から最後まで一台のタクシーで観光地を回ることも可能です。車自体はハイヤーほどのハイクオリティーではありませんが、十分満足できると思います。

スポンサードリンク

世界のタクシー事情を見てみましょう

 

イギリス

イギリスのタクシーは2種類あります。一つはロンドンを中心に走る「ブラックキャブ」もう一つは「ミニキャブ」と呼ばれるものです。

 

ブラックキャブは世界的にも有名ですね。ブラックキャブの運転手になるには大変難しい試験を受けて、

突破しなければなれません。運転テクニックの高さはもちろんですが、ロンドン市内の隅々の道路を熟知しており、

ドライバーたちはロンドンのエキスパートです。目的地への最短距離を移動できるのも心強いですね。

 

ブラックキャブは5人~6人乗れます。後部にトランクがないため、社内は広々しています。

荷物は運転席の横におけるようになっていて、ベビーカーなども一緒に乗ることができます。

ロンドン市内で手をあげて乗れるのはブラックキャブだけです。

 

「ミニキャブ」は必ず予約が必要になります。予約なしに客を乗せると違反になるようです。

運転手はブラックキャブの運転手のように、細部にわたって道路を知らない人もあります。

タクシーの外見も構造も普通の自家用車と変わらないので、乗る前に自分が予約者であることを運転手に確認するようにしましょう。

 

イギリスのタクシーと日本のタクシーの違いは

・ドアは自動で開きません。

・料金は到着して車を降りてから支払います。チップの習慣があります。(約10%)

・クレジットカードでの支払いは基本的にはできません。

・運転手はユニフォームを着ていません。

 

アメリカのイエローキャブ

アメリカでタクシーと言えば「イエローキャブ」が有名ですね。

名前の由来はシカゴを拠点としたタクシー会社Yellow Cab Chicago Inc.と、タクシー製造会社Yellow Cab and Yellow Truck and Coach

Manufacturing Companyが起源となっています。

 

これ以外の会社もたくさんあり、タクシー運転手の協同組合として「イエローキャブ」もあり、

黄色いボディが特徴です。ニューヨーク市では流しのタクシーはすべて黄色に塗装されています。

 

タクシーの数はものすごく多いのですが、空車を見つけて捕まえるのが一苦労。

やっと見つけたと思ったら横からさっと割り込まれてしまいます。捕まえたらさっと乗り込むことが肝心です。ドアは自動ではないので自分で開け閉めしましょう。

 

目的地は名称や住所で伝えず、「通り」の名前を伝えましょう。なぜならタクシーの運転手の80%以上はアメリカ人ではないのです。

外国からの移民が多いため、有名なホテルであっても、通り名を伝えるほうが賢明です。

 

料金は現金またはクレジットカードでの支払いです。後部座席にクレジットカードのモニターがあり、

料金を選んでタッチパネルを押すだけです。チップは15%~20%ほどです。

 

最後に

 

一般庶民がハイヤーに乗ることはそれほど多くはないでしょう。一生のうち一度も経験しない人も多いのではないでしょうか。

定年後の夫婦がちょっと贅沢にハイヤーを雇って、旅行に出かけるなんてことができればいいですね。

 

然しタクシーは私たちの便利な足です。昔はタクシー会社の中には質の良くない運転手がいたり、

運転手の機嫌を取りながら乗ったりしたこともありました。最近は高齢の運転手がたくさんいらっしゃいます。

気兼ねなく安心して乗れるタクシーであってほしいものですね。事故のないように運転されることを祈ります。

 




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ