かき氷ってカロリーが低くてダイエットに効果的って本当?

夏の風物詩!シャクシャク食感のとともに口の中が冷たさでいっぱい、

種類あるの甘さに頭がキーンっとなった青春をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そう、かき氷です。イチゴシロップや、アイスブルーに宇治金時、私はアイスブルーが一番好きですよ。

いくら食べてても氷だから、太らない!っと思ってバクバク食べて下痢したこともありましたが、本当にかき氷って太らないんでしょうか。

むしろイチゴやアイスブルーの合成着色料は太る要素には入らいない??最近はおしゃれ喫茶のコメダやガストにも夏の期間限定メニューで見かけるかき氷の魅力にせまります。

スポンサードリンク

かき氷ってカロリーが低くてダイエットに効果があるって本当?

 

ウソです! かき氷は太るもと。食べ過ぎれば肥満直行メニューです。

 

え、どうして?と思います。かき氷1杯のカロリーは精々80カロリーと非常に少ないものですが、「氷」であることにその欠点が存在します。

1.体を冷やすことで、脂肪を溜め込む

体は体温が上がると基礎代謝も高くなり、脂肪を燃焼します。けれど体を、

しかも内臓から冷やすかき氷は脂肪を溜め込む体づくりを手伝ってしまうのです。

 

2.やっぱりシロップは体に良いものではない。肥満の大本になる可能性を秘めている。

氷のシロップにはたくさんの人工着色料、そして甘味料で作られています。あの鮮やかさの見た目に、

相応の「ブドウ糖果糖」が含まれていて、ブドウとは大量摂取すると、余ったものが脂肪として体内に取り残されるのです。

しかも、普通の砂糖よりも吸収されるので、とり過ぎは糖尿病への第一歩を踏み出すでしょう。ダイエットにも効果なしです。

スポンサードリンク

 

つまり他のアイスにも言えること!?

 

かき氷に限らず、アイスやパフェ、ソフトクリームも同じです。体を冷やし且つ砂糖の大量摂取するので、

かき氷と同じくダイエットへの効果は認められません。そればかりを食べてしまうと栄養失調になります。

ダイエット中の方も食べるのを控えて下さい。

ですがやっぱり、かき氷も食べたいもの…、ようは食べ過ぎなければいいのです。

 

月に1,2回、自分へのご褒美DAYを作ってみてはいかがでしょうか?それなら気兼ねなく、食べて大丈夫です。

もし、「ちょっと病みつきになって」というかたは、時間帯を替えてみましょう。

アイスなどの冷たく甘いモノを食べるのに良い時間は、燃費の良い午前中がいいです。午前中に食べた栄養はそのまま日中に消費されます。

逆に、夜に食べるとそのまま脂肪になってしまう可能性が激増になりますよ。

 

 

秘技 手作りシロップを作ってカロリーオフ!

 

夏には家でもかき氷を!という方には、かき氷機を片手に、是非手作りシロップを作って見てください。

体を冷やすことに変わりはありませんが、添加物のシロップより全然ヘルシーでしょう。

好きな果物も乗せ放題!で子供も喜びます。 砂糖は体を温める砂糖である「てんさい糖」を使いましょう!

ちょっと高いお抹茶やあずきをいれて、リッチな時間を過ごす手もありますよ。

 

まとめ

 

お祭りの時の屋台で食べるかき氷もいいけれど、市販に売ってあるかき氷アイスも忘れてはいけません。

しらゆきのかき氷アイス、オランダフーズの「袋入りかき氷」はコンビニでも売っていて、

手に入りやすいですよね。すごくおすすめなところは、良質の抹茶をふんだんに使ったオリジナルスイーツを提供している

「つじり」。ここの「鞍馬」というかき氷はきな粉黒みつのかき氷とバニラアイス、

小豆のコンビネーションが絶妙なんです。すごく行列ができるんですけど、並ぶ価値はありますよ!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ