お腹が鳴る原因と超簡単に止める方法とは?

「ぐううう」っと、ヘンな音が部屋に響いた!誰だ誰だ、と周りの見えない視線をヒシヒシ受けている気がする、その正体は私のお・な・かの音でした!

だれかに濡れ衣着せたいけど、そのまま無言でスルーにもっていってしまうことが多いのではないでしょうか。

お腹が空くと胃の中に食べ物入れろーっと胃が叫んでいる。

いやいやまだお昼ご飯前なのにうるさ胃…いえ、失礼いたしました。なんだか身体と会話しているみたいです。

でも空腹だけとは言わず、満腹なのにお腹の中、全体がグルグル~っと鳴る音、ときにはゴロゴロ~っと鳴るのは何故でしょうか?

これは胃じゃなくてもしや腸…?体の仕組みがよくわからないから、ちょっと怖い気もしますよね。

スポンサードリンク

 

空腹の盛大な音を止めてみよう! え、そんな方法があるの?

 

胃は良く袋に例えられますけれど、私達の中にあるお腹の胃も言わずもがな全部「筋肉」です。

筋肉が消化をするためにビヨ~ンとよく動いてくれるから私達はご飯が食べれます。

 

お腹が鳴る原因は、空腹の時の胃は何にも入っていないので、あるのは空気だけです。知らずに飲み込んでいる空気がお腹に貯まるとゲップとして出るか、

お腹の中を移動します。空腹時に胃の筋肉が動いて、胃から十二指腸へ空気が移動している音が正体です。

 

じゃあ仕事や授業中にこの音がならないようにするにはどうすればいいでしょう?

お腹の空気を出せばいのです。じゃあどうやってお腹が鳴るのを止める事が出来るか?

 

実はジャンプすることがお腹が上下に、普段ならありえない動きをしてくれて空気を漏らしてくれます。

 

運動でいうと縄跳びになるんですけど、もうその場でトランポリン運動を1分間くらいしてみてください。

実はこれお通じにも効果ありなんですよ。

あと、お腹が空いたから水をのんでもお腹の音は鳴り止むどころか、水と空気が動いて音がでます。

スポンサードリンク

この音は胃じゃない! 腸が動いても音が出てしまう

 

この音の位置…胃じゃないもっとしたの方というかお腹全体…っそういう場合があります。

胃袋ではなく大腸や小腸に空気…もといガスが発生して、出て行く場所をもとめた結果、音をだしているのです。

空腹・満腹、座っても、寝てても、仰向けになっても立っても、ギュルギュルゴロゴロゴロ…しまいにはお腹が張って

苦しい、しかも匂いが強烈な屁がでる方はIBS/過敏性腸症候群であるでしょう。

平常心でフラットな状態から、急な仕事がやってきてストレスが掛かったり、

緊張状態になったりした場合にでるなら間違いはありません。これは腸がなる、音を出す病気の代表です。

これを止めるにはストレスをなくすか、薬に頼ることが最善になりますね。

 

病院でだされる薬なんてあるのだろうか? あるんです!

 

音が、というよりも音を出したことでの周りの反応が気になりすぎて、もう辛抱たまりません!

という方は、病院をオススメします。

どうしても意識してフラットな状態を保とうとしても、やはり難しいですし、空気を抜くにしても結局また飲み込んでしまうものです。

処方される薬としては腸内のぜん動運動をゆるやかにしてくれる「セレキノン」、

自律神経に作用して下痢止め効果もある「ロペミン」など。過敏性腸症候群になると様々な薬が開発されています。

 

空腹時の音になると、生理現象の音は気にしない!と開き直ることも必要ですね。

 

まとめ

 

いやぁ、私すごく大食いですごくおなか空いちゃうんですよ~!と笑って済ませられる自分が良いです。

実際結構食べてしまう性格なので、もし同じ方がいたら是非、こんな風にとぼけてみてください。

おなかが鳴るなんて、愛嬌になりますよ。お腹の音で可愛らしさや、意外性な自分、あ、やっぱり○○さんで~と笑いのネタとなると

人間関係も良好になるかも!?




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ