爪を夜に切ると親の死に目にあえないっていう迷信は本当?

世の中日本でも海外でもたくさんの迷信と言われる都市伝説的なものが、ささやかれていますが、どんな迷信が有名だと思いますか。

私が知っている迷信は、朝蜘蛛を殺してはいけないとか、新調した靴を初めて履くときは夜はダメ

、夜に口笛を吹くと蛇が出る、など迷信は縁起とも関係性がありますよね。おじいちゃんやおばあちゃんから教わるものだから、

信憑性がなくてもついつい、従ってしまうものです。その中で、「爪を夜に切ると親の死目に会えない」という言い伝えについて探りを入れたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 その迷信はほんとうかどうか?「爪を夜に切ると親の死目に会えない」

そんなことはない、というのは正直なところです。夜に爪を切ったから、親が先になくなることはありません。近代社会ではまずありえないです。

あなたは、この迷信を聞いてどう思いましたか?

親の死に目に会えない、というと、親がなくなった時に用事があって葬式に出られない、など想像しませんか?私はそう考えてしまいました。しかし実はその意味は、逆なのです。

こんな迷信を産んでしまった時代ならではの「切ってはいけない理由」が実はあったんです。

 

 

この言い伝えの意味とは?昔のくらしが伺える意外な理由

この迷信が生まれたのは江戸時代、まだ現代のような蛍光灯やLEDなどの照明器具がなく提灯であたりは照らされていました。夜になると家は薄暗くなるばかり。

そんなとき暗闇に近い明かりの中で、とある人が爪を切ったそうです。

当時の爪切りは一体何だと思いますか? 当時の一般家庭の爪切りは「ノミ」や「短刀」です。「鋏」を使う人もいましたが位の高い貴族が使うので、

江戸時代のハサミは高級でした。

さて、そんな刃物を使用していた江戸時代、爪を切っていた人は手元が狂って、その爪切りと名ばかりの刃物を自分に刺してしまい、救急車なんてあるはずもなく、お亡くなりになりました。

このようなストーリーが「爪を夜に切ると親の死目に会えない」という迷信の由来です。

つまり、夜に刃物なんてもの使っていると親より先に死んでしまうぞ、という意味が隠れていました。

スポンサードリンク

 

実ははっきりしていない 由来は複数存在する

実はこの迷信には諸説あり、切った爪が囲炉裏などの火の中に入って燃えるなどの由来も

あります。どんな由来でも意味や教訓としては「不用心にしていると早死する」「刃物」を使うときは気をつけよう、ということなのでしょう。

私の住んでいた地方だけかもしれませんが、親の死に目と同類の迷信で「カラスの八の字の時に親指を隠さないと親が早くなくなる」とか

「お墓の前を通るときは親指を以下略~」などの言い伝えがありました。小学生の頃は律儀にそれを守っていたものです。

この迷信も守っている方がいらっしゃるかもしれませんが、近代社会には関係のない話しですね。

 

まとめ

まさかの垣間見えたのは江戸時代の暮らし模様。爪切りの代わりがノミや短刀なんてびっくりですね。

そりゃ怪我もしますよ。当時は、叫んでも近くの民家の人しかいないし、お医者さんも遠かったでしょう。

今は電話すれば、救急車が来てくれるし、家庭にはバイキンが入らないように常備薬も包帯もある。お医者さんも24時間体勢で見てくれるところも、

江戸時代に比べたらきっと多いです。ほんの数百年前の話が今もとつとつと語り継がれてゆくのは、とても奇妙な感じがします。

例に出した「夜に口笛を吹くと蛇が出る」は、蛇は「邪」という意味で取られ、「お化けが出る」「霊を呼ぶ」という意味。

一節には「口笛」という行為が神聖な行為とされており、軽々しく吹いていは神様に怒られる、という由来も在るようです。

迷信にはそれが語られるに至った理由がちゃんとあるので、調べてみると面白いですよ。

 




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ