足と脚の違いと恥をかかない正しい使い分けは?

靴や靴下を一足二足と呼び、家具のチェアなどを一脚二脚と読みますよね。

この「あし」という同じ部類に入る「足」と「脚」の違いをご存じですか?

いきなりそう言われても、どっちも下半身の部類には違いないけど、どっちも足だから、別に知らなくても平気平気~!と言ってしまいそうです

が、古来日本伝統にも足を突っ込む話ですので、雑学を増やす意味も込めてみてみましょう!

スポンサードリンク

足と脚の違いとは?

 

読み方は同じ二つの漢字ですが、その違いは結構簡単です。

「足」は足袋という言葉から伺えるように「足首より下」のこと。「脚」は太ももより下、足首より上のこと。

それぞれは以上を指しています。こうしてみると、なるほど!そうだったんだ!!と思いますね。

 

正しい使い分け方法としては、英語に変換するともっとわかりやすいです。

「foot = 足」「Leg = 脚」とこうなります。ちなみに「Arm = 腕」「Hand = 手」となり、漢字と英語を両方覚えるのに役に立ちます。

脚は「レッグウォーマー」などの商品を聞くとピンッときやすいと思います。意外にファッション雑誌が勉強になるという!

 

でもこの違いが当てはまらない時がある!

 

国語辞典的な「足」と「脚」の違いをご紹介しましたが、この二つの漢字の意味を見て、あら?と思った人は感が鋭いですね。

日本語とはとても繊細で多岐の用途が存在します。

先ほど「足」を足首から下のこと、と言いましたが「足がすくんだ」という言葉になるとこれは足全体または下半身を指している事になります。

「電車事故により大勢の人の足が乱れた」という表現では歩行や移動のことを「足」と読んでいます。

 

このような体の部位の使い分けだけではなく、一般用途として使用するものがたくさんあります。

 

「脚」に関していうと家具などの個数を数えるときに使用されることもあり、その用途も言葉や語句によって変わるのです。

一面だけでは判断がつかないところが、日本語の良い所でもありますね。

スポンサードリンク

 

「足」と「脚」の漢字、ことわざを並べてみる!!

 

そういえば、この二つの言葉には、どんなことわざ・漢字が当てられているのでしょうか?

その意味とともに、並べてみましょう!

 

足の漢字・ことわざ

「足元を見る」…相手の弱いところを見つけ、つけこむことの例え。

「手も足も出ない」…どうにもならないことの例え。

「百里の道も一足から」… 大きな目標の達成には、最初の一歩が大事であること。

 

脚の漢字・ことわざ

「馬脚を表す(ばきゃくをあらわす)」… 隠された本性、悪いことが現れること。

「脚線美(きゃくせんび)」…女性の足のラインが美しいこと。

「行脚(あんぎゃ)」…なにかしらの目的で地方を巡り歩くこと。

 

ざっと並べてみると、人体とは別の言い回しで使うことが多いですね歩行に対するものや、心情的なものの比喩的にも使われるています。

 

また、単語での明確な違いはありますが、「あしなが/足長・脚長」など両方の漢字を当てても同じ意味になるものもあります。うーん、簡単には説明ができないように思えてきますね、これが日本語の奥の深さ!

 

まとめ

 

「足」と「脚」。

ほとんど同じ意味で同じ音の言葉なのに、一つの言葉に焦点を当てると、その違いは多岐に渡ります。

足というものは人の体に無くてはならない部位だから、たくさんの言葉やことわざもあることが伺えますね。

日本語の意味をいっぱい知っておくと、もし海外に友だちができた時に、「これは何?」という質問にちゃんと答えてあげられます。

これから先の社会に英語は不可欠ですが、だからといって日本語を蔑ろにするのもNGです。

日本語の意味をちゃんと理解しつつ、多国語への変換できるようにすることが日本人として伝統を大事にすることに繋がります。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ