こんにちはこんにちわの違いは?どっちが正しいの?

普段何気なく使っている言葉、道で出会った人に笑顔で「こんにちは」と挨拶しますよね。言葉にだすと「コンニチハ」のハは「wa」ですよね。それなら「こんにちわ」とは書かないのでしょうか。どっちが正しい日本語なのでしょう。

家族や友達に聞いてみました。

圧倒的に多いのが、「こんにちは」でした。学校でこのように習ったといいます。

少数ですが、「こんにちわ」の人がいました。この人たちの多くは「は」か「わ」か迷ったことがあるといいます。迷った末にいつのまにか「わ」を使っていたようです。彼らは自信を持って「わ」であるとは言い切れないようです。

 

こんにちはとこんにちわの違いを辞書で調べてみました!

岩波書店の広辞苑では、「こんにちは」を引くと、「―わ」と<は>の両方が出てきました。一瞬驚いたのですが、広辞苑の凡例を見て納得。この場合の「わ」は口語形を意味しており、文語形では「は」ということです。従って「こんにちは」ということになるのです。(「今日は云々」などという挨拶語の下略)

意味は・・昼間の訪問または対面の時にいう挨拶語。

三省堂の広辞林では、「こんにちは」を引くと、「―は」のみの表記でした。

意味は・・昼間会ったり、訪問するときなどにいう挨拶の言葉。

角川書店の新国語辞典では、「こんにちは」コンニチワ(感動詞)

意味は・・昼間、人に会ったり訪問したりするときの挨拶。

岩波の国語辞典では、「こんにちは」[連語]

意味は・・昼間、人に会った時、人を訪問した時の挨拶の語。

「今日はよいお天気です」などというあいさつの下略。

連語とは単語と単語とが結びついた形が、慣用的に用いられるものを連語と記された。

例えば、「言わず語らず」「浮かぬ顔」などを連語と表記している。

「今日」は音読みで「こんにち」です。江戸時代に使っていた「今日はいいお天気ですね」という挨拶文が、明治時代の国定教科書に「こんにちは」と短く採用されたことから現在に至っているという説があります。

辞書によっても「今日は○○ですね」などの後ろに続く言葉の下略となっているところから考えると、岩波の国語辞典にあるように、[連語]ととらえる説。

「こんにちは」の語源は「今日は○○ですね」の「こんにちは」以下を略すようになり、「こんにちは」を「は」と書くよりも「わ」と書くほうが、「和」に通じて親しみやすいという理由から、誤記とは知りながら「こんにちわ」と表記されているという説もあります。

「こんにちは」の語源は「今日は…」から来ているわけであり、挨拶の言葉として1個の間投詞と考えれば、「こんにちわ」と書くことはあながち間違いではないようにも思われる。しかし、

試験などで「こんにちわ」と書いて罰点をもらうのもつまりませんね。多くの人が使っている「こんにちは」と書いておくほうが無難でしょう。

スポンサードリンク

 

「こんにちは」「こんばんは」の「は」は助詞です。「これは」「わたしは」の「は」と同じです。「今日は」「今晩は」の後ろに続く「よいお天気ですね」などが省略された挨拶ですから、「わ」になることはあり得ません。

 

今回この文章をMicrosoft Wordで書いていますが、「こんにちは」と書くのは問題ありませんが、「わ」と打ち込んで変換すると、自動的に「は」に変わってしまいます。これらから見てもやはり主流は圧倒的に「こんにちは」の「は」が正しいように思います。

「こんにちは」の「今日(こんにち)」という言葉は昔は「太陽」を意味していたそうです。辞書にも「今日様」という言葉があり、日本ではどの地方でも太陽を「今日様」と呼んでいました。「こんにちは」という挨拶は「やぁ、太陽さん」という説もあります。

(境野勝悟著「日本の心の教育」より)

これらの考え方は「こんばんは」にも通じる考え方です。こうして調べてみると「こんにちは」と「こんばんは」は、「は」(ha)を(wa)と読ませ、書かせることが正しい説と考えられます。皆さんは如何でしょうか?

この様に調べていくとほぼ正しい方向が見えてきたようですね。明日からもこのような挨拶は欠かすことはありませんが、「は」と「わ」を意識して挨拶はあり得ないでしょう。しかし文章に起こしたときはこの記事を思い起こしてください。「は」「ha」が「wa」です!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ