ヤンキー座りができないなんてもったいない驚く効果が盛り沢山!

ヤンキー座りというと、あまりいいイメージはありませんよね。コンビニに屯している怖い人達を想像してしまいます。下品ですが「うんこ座り」や「カエル座り」とも呼ばれていますね。この座り方に正式名称はありませんが、似た体勢でお相撲さんの姿勢である「蹲踞(そんきょ)」に一番近い体躯です。股をガバーッと広げて、そのまま腰を下ろす。

男性はそうでもありませんが、女性でこの座り方は恥ずかしい、できない方もいます。しかし、意外にこの座り方ストレッチやダイエットに効果があるって知っていましたか?

スポンサードリンク

ヤンキー座りのその効果

 

実はこのヤンキー座り、うんこ座り、カエル座りは…ダイエット効果、しかも下半身痩せに効果があるんです。

太もものブヨンブヨンのお肉が気になる女性は多いはず!ひどい人は静脈瘤があったりしませんか。

そんな人にオススメなストレッチ姿勢なんです。痩せるだけじゃなくて腸運動も促すので、便秘にもグッド!ちょっと恥ずかしいですけれど。

この姿勢は下半身の筋肉を全部使っているので、意外に運動していることになります。

腰からお尻、太ももからふくらはぎまで刺激していて、洋式のトイレしか使用したことのない人は和式のトイレに入ると20秒もうんこ座り出来ないくらい、キツイ体勢です。

日本人がスリムなのはトイレにも秘密があったり!?ヤンキー座りにはまだまだその効果が隠されています。

 

赤ちゃんに早く会える姿勢でもある

 

このヤンキー座りは臨月の妊婦の方にもおすすめしています。股関節や骨盤を適度に開きつつ筋肉も刺激するので、

陣痛が来る前の陣痛促進の座り方として、世の中の妊婦さんには噂されています。この座り方を実行した人のなかでは、

5時間のスピード安産をやってのけたひともいるくらいです。

つまり、コンビニでたむろしているヤンキー女子は安産候補だった!?普通の女子高生や女性のかた負けていられません。

さすがに人前でははばかられる体勢ですので、お家でこっそりストレッチはいかがでしょうか。

おしりや太ももについたブヨブヨのお肉も、まだ見ぬ赤ちゃんのためにも、知っておいて損がないですよ!

スポンサードリンク

ヤンキー座りのストレッチの方法

 

ストレッチに対する基本姿勢は「ヤンキー座り」です。

  • 今、自分は和式のトイレに入ったんだと想像してください。
  • 足幅を便座だけ開いて直立に立っています。この時、股関節を出来るだけ大きく開きましょう。貴方は今、お相撲さんです。
  • 足は床にぴったりつけたまま、両腕を一度広げ拳をつくり、90度に曲げましょう。
  • 曲げた腕を、顔の前に垂直に持っていきます。そして腰を落としましょう。

ヤンキー座りの出来上がりです。(きっとプルプルします、我慢して下さい)

  • ここからが本番です。腰を前、後ろと移動させましょう。足はそのまま床からずらしてはいけません。ゆっくり10~20回頑張りましょう。
  • 次のステップは、右、左に腰だけ移動させます。これもゆっくり10~20回。
  • この動作を朝と昼、二回を2週間続けると、足がスリムに!

 

ただし、この姿勢は足がスリムになりますが腰を痛めている人にはオススメできません。

 

ヤンキー座りの効果まとめ

まさかのヤンキー座りにこんな効果があるとは思いませんでした。

だってちょっと下品…でもお相撲さんに下品さなんてないですから、偏見ですね。ヨガなどの教室でも、

ヤンキー座りに似た体制はありますので、効果は昔から実証されているのでしょう。下半身ダイエットから子供が出来るまで、

いえ、子供が出来てから生まれた産後の体型を戻すためにも役に立つ姿勢がまさかの「ヤンキー座り」というのは面白いオチです。

こんなに役に立つ姿勢なんだから、もうちょっとネーミングセンス考えてもいいですよね!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ